今日の1枚 戦う奥さん

ライオン ラヴィ(♀)&ブワナ(♂)
d0190294_2302851.jpg
2013年6月

(寝る旦那さん)
[PR]
by chappo10 | 2013-11-12 19:00 | 福山市立動物園

2013年3月の京都市動物園再訪で一番に会いに行ったのは、
やっぱりグランデさん。

看板にも書いてある通り、野生のジャガーの寿命は12~15歳、飼育下でも20歳前後と言われる中、
グランデさんは2013年5月8日に御年25歳を迎えられました。すごいことです。
d0190294_120683.jpg

私がよく拝見している動物園ブログの方々も5月8日にはグランデさんのお祝いに駆け付けられたようです。
私も遠くからですが、お祝いと感謝の気持ちを送りました。

さて、私が再訪した3月のこの日は、桜も見頃で園内は来園者が多く、そんな中でもグランデさん人気はすごかったです。みんなグランデさんが好きですね。

ではグランデさんの写真です。ピンボケしててもいいじゃない、モデルがいいんだもの。

お立ち台に座って考え中のグランデさん。
d0190294_124682.jpg


キラ~ンなグランデさん。
d0190294_1243059.jpg


お手入れグランデさん。
d0190294_126255.jpg


てへぺろグランデさん。
d0190294_1265790.jpg


あはははー!って笑っているようなグランデさん。
d0190294_127546.jpg


まあるい頭で考え中のグランデさん。
d0190294_1284860.jpg


「さてと、降りるからな。しっかり見てなさいよ。」
d0190294_1294359.jpg


可愛い女の子に見守られながら慎重に降りていくグランデさん。
d0190294_1214311.jpg
d0190294_12144111.jpg
d0190294_1215280.jpg
d0190294_12164932.jpg
着地成功です。

ずんずん
d0190294_12174241.jpg


ずずん!
d0190294_12175962.jpg


どてん!
d0190294_1218181.jpg


「手は合わせたから次は足を・・」
d0190294_12195991.jpg


「これでよしと。。。むにゃむにゃ・・」
d0190294_1221316.jpg


「すぴぃ~」
d0190294_12213061.jpg


グランデさんがお昼寝に入ったころ、同じエリアのライオンのクリスさんは・・・
d0190294_1222626.jpg


アムールトラのアオイさんは凛としています。
d0190294_12224015.jpg



そして夕方です。
グランデさんはお部屋に戻って・・・

「ぼくはご飯を待っているのです。」
d0190294_12254534.jpg


「ぺろんちょ!」
d0190294_12253995.jpg


この後、美味しそうにご飯を食べるグランデさんを見届けて、園を後にしました。

このような素晴らしく愛らしいグランデさんに再会できて本当に嬉しかったです。
グランデさんありがとう。

こんなステキなグランデさんですが、彼の仲間たちは、野生下で、人間による密猟(娯楽目的でのハンティングや毛皮の違法取引)により個体数を減らして絶滅が危惧されています。
ジャガーの生息地である中南米では、ジャガーは食物連鎖のトップにいます。
そのジャガーがもし絶滅してしまったら、、、生態系が狂ってしまい大変なことになるでしょう。特に、熱帯雨林は地球の肺と言われる非常に大切な地域です。
日本は日本オオカミを絶滅させてしまいました。この失敗を地球上の他の場所で繰り返してほしくありませんね。

いろいろなことを私たちに教えてくれる素晴らしいグランデさんにまた会いたいです。
グランデさんが25歳の1年も幸せに穏やかに暮らしてくれますように。

P.S. ジャガーに詳しい方にお聞きしたところ、グランデさんの娘さんである「プリメーラ」さんというグランデさんに似て可愛らしいジャガーが愛媛県のとべ動物園に暮らしているそうです。会ってみたいですね☆
[PR]
by chappo10 | 2013-05-19 08:55 | 京都市動物園

ハンターの城

2012年3月、福山市立動物園に行って来ました。
前回の訪問が1月なので、2ヶ月ぶりです。というか、前回のレポートが終わってない、、、、

と言うわけで?、今回は、2012年1月と3月に訪問した2回分の写真を使って、2011年4月にオープンした猛獣舎「ハンターの城」をレポートします★

ハンターの城。
d0190294_23452594.jpg
人が写っちゃってますね。それだけお客さんが多いってことなんです(^_^)v
なにせ今年度は、1993度の年間最多記録(約26万人)を大きく上回り、先日3月18日に、開園以来初めて35万人を突破したというのですから!
すごいですね。私が子どもの頃は私立の動物園で、動物たちにとって良い環境とは言えない状態でしたから、こうやってこの動物園がどんどん良くなって、動物たちも幸せになり、動物園も意義を果たして人々が多くを学ぶことができれば、本当に素晴らしいことです。

さてさて。1月と3月の訪問で、このハンターの城に大きな変化がありました。
それは、この城に住む6種の動物全てについて、個体紹介の掲示が登場したことです。
この子はどこから来た、何歳の、○○ちゃんなんだ、ふむふむって思いながら、名前を呼ぶことができるっていうのは大切ですよね。名前がわかるだけで、一気にその個体に対して愛着がわきます。
特に子どもは名前が書かれていないと「ライオン~~!!」とか「トラ~~~!!!」とか呼んだりしますから、呼ばれるほうも周りで聞いてる者も、あまり良い気分ではないですよね(そうでもない?)。
大人にとっても子どもにとっても、動物園の動物1個体1個体が、かけがえのない存在であることを感じるために、名前はわかったほうがいいと私は思うのです。だから、大変ありがたい掲示です♪


まずはライオン。
d0190294_23455970.jpg

1月も3月もラヴィちゃんでした。

こちらは1月の写真↓
d0190294_23462036.jpg
ガラス越しに遊んでくれました。

こちらは3月の写真↓
d0190294_23463953.jpg
d0190294_23464456.jpg
背中がむにゅむにゅな感じでキュートですね。
オスのブワナくんとは、まだお見合い中なのでしょうか?ライオンは群れの動物ですから、一緒に暮らしているところを見られると嬉しいですね。


アムールトラ。
d0190294_2347933.jpg

1月はミルルちゃんでした。
d0190294_23473332.jpg
d0190294_23474841.jpg
d0190294_23475387.jpg
ミルルちゃんの時は、餌やり体験を見学できました。飼育員さんが個体のことや野生のアムールトラについてのお話をしてくださるのでとても楽しく勉強になります。餌やりを体験・見学しながら有意義なお話が聞けるのはとても良いイベントですね。
ミルルちゃんには秋田の皆さんからの寄せ書きが額に入れられ飾られています。
d0190294_23482122.jpg
秋田の皆さんの思いは福山にしっかり届いています。

3月はアビくんでした。
d0190294_2350052.jpg
d0190294_20582155.jpg
d0190294_23502586.jpg
d0190294_23503893.jpg
この時は、飼育員さんが、アビくんとかくれんぼをして遊んであげていました。
アビくんが姿勢を低くしたり、立ち上がったりするところを見ることができました。
野生のトラは狩りの時に姿勢を低くして草むらに隠れ、獲物に向かって飛び出てくる習性があり、そういう習性が表れていることを教えてくださいました。アビくんはまだ1歳なので子どもらしい部分が残っているそうです。体重は現在130kgで完全に大人になれば2倍はいくだろうとのこと。大きいです~~ でも顔はなんとも愛らしい。
京都の皆さん、アビくん、とっても可愛がられているので安心してください。


ピューマ。
d0190294_2353299.jpg

1月も3月もマロンちゃんでした。

こちらは1月の写真↓
d0190294_2353391.jpg
d0190294_23534633.jpg

こちらは3月の写真↓
d0190294_23541437.jpg
d0190294_23542078.jpg
可愛いですね~ 猫ちゃんですね。福山に来てくれてありがとう!
マロンちゃんもビンカーンくんとの同居が楽しみだね~ 1頭でもこんなに可愛いし楽しいのだから2頭だとたまらないでしょう。


カラカル。
d0190294_20592637.jpg

1月に会ったときはお名前がわかりませんでした。しかも後ろ姿でごめんね。耳が素晴らしいです。(耳毛の感じからカーラちゃん?)
d0190294_2105354.jpg

3月はカールくんでした。
d0190294_2121595.jpg
上手く写真が撮れなくてごめんね。
遠く南アフリカから来てくれて本当にありがとう!
カーラちゃんとカールくんが2頭で仲良くしているところも見てみたいです。楽しみです。


サーバルのカエデちゃん。
d0190294_2125386.jpg

こちらは1月の写真↓
d0190294_213555.jpg
d0190294_214929.jpg
陽だまりが似合う、とても綺麗なカエデちゃんです。ほれぼれします。

こちらは3月の写真↓
d0190294_2144795.jpg
多摩動物園ではサーバルジャンプを見られるイベントがあるので、福Zooでもやってほしいですね。もちろんカエデちゃんの暇つぶしと運動になるような形で。何もしなくてもこんなに素敵ですが、大ジャンプとかできちゃうんだから、それを見せたらもっと人気者になるに違いない。
今はカエデちゃん1頭ですが、いつの日かパートナーが来てくれるでしょう!福Zooはきっと頑張ってパートナー探しをしてくれてると思います。


最後にアムールヒョウ。
d0190294_2182853.jpg

1月も3月もアニュイくんでした。

こちらは1月の写真↓
d0190294_2191415.jpg
d0190294_2192823.jpg


こちらは3月の写真↓
d0190294_2194592.jpg
d0190294_2110337.jpg

1月はちょうど餌やり体験を見学でき、アムールヒョウに関する非常に貴重な話を聞くことができました。
特に印象に残ったのは2点。

1つは、アムールヒョウが日本の動物園に8頭しかいないということ。そのうち3頭が、2008年に安佐動物園で生まれたピンちゃん、ポンちゃん、ダッシュくんです。3頭が生まれた時は、関係者の皆さん、それはもう大興奮、大感動だったでしょうね。安佐で生まれたピンちゃんが、こちらのアニュイくんのパートナーです。是非とも、遠くイギリスから来てくれたアニュイくんと仲良く家族を築いてほしいですね。(それにしても、日本のアムールヒョウ8頭のうち4頭が広島県にいるってすごいですよね。香川のうどん県みたいに、アムールヒョウ県にする?)
ピンちゃんの兄弟、ポンちゃんは神戸へ、ダッシュくんはズーラシアへ行き、神戸のカニムさんが昨年亡くなったので、現在はポンちゃん、ダッシュくん共にパートナー待ちです。

2つ目は、野生のアムールヒョウの現存頭数は、なんと、20頭を切るということ。私は愕然としました。20頭という数字、信じたくないですが、現実です。確実に、猛スピードで、絶滅という取り返しのつかない状況に向かっています。もちろん、原因を作ったのは人間です。主な原因は、自然破壊と密猟。
詳しくはFoE Japanの「しろう まもろう アムールヒョウ」をご参照いただきたいと思います。
小冊子にもとてもわかりやすくまとめられています。(少し情報が古いので、アムールヒョウを飼育している日本の動物園(旭山動物園、王子動物園、安佐動物公園)に、現在は福山市立動物園とズーラシアが加わっています。)

動物園は、野生動物の生息域外保全と生息域内保全の2つの役割を担っています。
生息域外保全は、飼育している希少動物の繁殖など本来の生息地の外でおこなう保全です。FoE JapanのWebsiteにはこう書かれています。『動物園のアムールヒョウを大切にすることもアムールヒョウの遺伝情報の多様性を守ることにつながり、将来野生のアムールヒョウの繁殖を助ける可能性があります。』
もはやいつ絶滅してもおかしくない状況にあるアムールヒョウですから、世界中の動物園が協力しあい、個体数を維持・増加させておき、いつの日か動物園で繁殖した個体が野生に復帰するという可能性もあるかと思います。
生息域内保全は、本来の生息地に住む野生動物を守るために、生息地の環境保全を行ったり、動物園で得た知識や経験を生かし現地の人々と協力して様々な保全活動を行うことです。
これら2つの保全活動は、動物園を訪れる私たちと無関係というわけではありません。動物園で私たちが美しいアムールヒョウに出会い、彼らが絶滅の危機に瀕していることを知る。私たちが彼らにできることは何か。その問題提起をしてくれることが動物園の存在意義の1つであり、そこから考え行動に移していくことが私たちが動物園を訪れる意味なのかもしれないと思います。

長くなりましたが、、、福山市立動物園の「ハンターの城」、なかなか熱いです!
ライオンとトラとアムールヒョウの餌やり体験は、土日14時15分開始で、先着各1組(100円以上の募金をした方を対象)だそうですよ!
体験しなくても見学のときに飼育員さんのお話が聞けるのでおススメです☆

みなさん!日々進化している福山市立動物園に是非足を運んでみてください♪
[PR]
by chappo10 | 2012-03-23 21:30 | 福山市立動物園