ミーアキャット
d0190294_22192246.jpg
2013年7月

プロレスごっこ@ちゃぶ台
[PR]
by chappo10 | 2013-11-16 19:18 | 市川市動植物園

福山~小動物編~

2012年3月、福山市立動物園に行っていました。
(3月のレポートを今頃するって!?)

今日は小動物編です。

いつも長すぎるので手短に。

まずはアカハナグマ。
1匹が長崎バイオパーク出身の子、もう1匹がいしかわ動物園出身のキャンディのようです。
近くに飼育員さんがいらっしゃらず、今回も個体識別できませんでした、、、すみません。
わかる人にはわかるといいのですが。。

箱の中に座っていた子
d0190294_9375172.jpg
d0190294_938494.jpg



外にいた子
d0190294_9381221.jpg
d0190294_9382430.jpg



2人並ぶと区別がつく!?
d0190294_938404.jpg




続いて、ミーア劇場。

1人が見張り、1人が白目でリラックス。
d0190294_9385780.jpg


別の1人が襲撃にやってきた!
d0190294_9391159.jpg


うわ~~~~~!!!
d0190294_9393247.jpg


うぎゃ~~~~~!!!
d0190294_9395086.jpg


2人、力尽き、、、、
d0190294_9401313.jpg


もう1人も、別の場所で力尽き、、、
d0190294_940281.jpg


いいえ大丈夫、枕を見つけてリラックス
d0190294_9502746.jpg


3人がおかしな攻防をやっている間、立派に任務を遂行しておられるミーアが1人・・・・
d0190294_95367.jpg


只今の体重、1.2㎏なり。
d0190294_953289.jpg

とってもわかりやすいです。ありがとう。

福山のミーアは全部で4匹。
デネブ、モモタロス、リョウタロウ、ユウト。全員男の子です。
d0190294_9554443.jpg

楽しい楽しいミーアたちです。



最後にジャンボウサギ。
初めて見ました。
ほんとにジャンボ。
d0190294_9562920.jpg
d0190294_9571399.jpg


d0190294_9591115.jpg
解説によると、まだ7ヶ月で3.8㎏。
10㎏を超える個体もいると。。。

次回会いに行ったら何㎏になってるんでしょう!?
そんな大きなウサギに会ったことがないので楽しみです☆


また近いうちに行きたいです、福山市立動物園。
[PR]
by chappo10 | 2012-06-03 10:01 | 福山市立動物園

2012年2月、飼育チャレンジに参加した1週間後に、今度はカメラマンとしてSCZを再訪しました。

チャレンジャー2人の取材&撮影です!
開園と同時に園内へGO!!!

まずはキリンの飼育チャレンジをしているチャレンジャー1のもとへ。


ふじまる!おはよう~
ふじまる、男らしい顔つきになってきたね~
d0190294_23514652.jpg

私は2年前、初めての飼育チャレンジがキリン担当でした。
そのときにふじまるに顔を舐められた感動は今でも忘れられません。
ふじまるに会うたびに、「ふじまるは顔を舐めてくれたよね~~~」と幸福感に浸っています。

さて、チャレンジャー1がいましたよ。
d0190294_23523873.jpg
手を振ってますね・・・


d0190294_23531023.jpg
ピースしてる・・・


堂々たるチャレンジャー1とキリンたちとの写真が撮れたので、急いでチャレンジャー2のもとへ。
チャレンジャー2は、私と同じミーア担当。
キリン舎とミーア舎は結構離れているので、走って移動は汗をかくほどでした。

朝一ミーアはやっぱりいいね~
d0190294_23555084.jpg

d0190294_2356366.jpg



チャレンジャー2も頑張ってるかな~

d0190294_23562881.jpg
あれ、ピースしてる・・・


d0190294_23565883.jpg
ミーアに見守られながら、ちゃんと掃き掃除やってますね。


ほら、ミーアも応援してくれてる。
d0190294_23574482.jpg
ふあぁ~
d0190294_23575582.jpg
ん?


この日は、1週間前にはまだ室内にいた5匹が外に出ていました。
また会えたね~~~
これからはミーアに会うたびに、また会えた喜びをたくさん感じられそうです。


牛たちにも見守られて掃き掃除をするチャレンジャー2をあとにし、、、
d0190294_023462.jpg



d0190294_025196.jpg
フタクン~!!
1週間ぶり!元気?
朝一なので、フタクンと二人きり。しばらく二人でお話ができました。
途中で園長さんが後ろを通ってびっくりしたけど。


d0190294_04664.jpg
上野動物園からお嫁に来たマヌルネコのタビー。上野で会って以来だね、こんにちは。
まだ緊張しているタビー、早く慣れるといいね。


再びキリンのところに戻ると、、、
d0190294_06878.jpg
ふじまるがルルさんをくんくん。

d0190294_063930.jpg
そしてフレーメン。
ふじまる、私のことも忘れないでね。。。


d0190294_073161.jpg
幼子ガンバは、今日は立っているところを見せてくれました。
もうすぐみんなと一緒に運動場に出られるかな。楽しみだね。


d0190294_082785.jpg
ふじまると見詰め合うチャレンジャー1。



チャレンジャー1&2は大興奮&大満足の飼育チャレンジになりました。
カメラマンの私もとても楽しく幸せな時間を過ごすことができました。
今回は、途中から友達2人も園内見学に参加してくれて喜んでくれて、すごく充実した1日になりました。

それから、この日はキリンのウララの2歳の誕生日でした。
ウララの誕生は私にとって忘れられない出来事です。
私が人生初の飼育チャレンジの日のお昼休み、事務所で昼食をとっているときに、横浜の金沢動物園から電話がかかってきて、ウララ誕生の知らせを聞いたのです。
ウララは、ブリーディングローンでSCZから繁殖のために貸し出されているミルクが産んだ子ども。
そしてミルクは、私の大好きな今は亡きタカコの最後の子どもでした。
タカコの部屋を掃除する怪しい知らない人間である私を、タカコは隣の部屋から穏やかな優しい眼で見守ってくれていました。そんなタカコの孫が生まれたという知らせ。なんとも幸運な瞬間に立ち会うことができたのです。
そして、日本最高齢だったタカコは、その年の9月、30歳と2ヶ月を生き抜いて天国へ。
寂しかったけど、今度は孫のウララがSCZに来てくれた。ウララがタカコに良く似ているんです。とても可愛い顔で。
そんな素晴らしいウララ2歳の記念日に、ウララの写真を撮っていないという大失態をやらかした私・・・・・・・
でもいいんです、私の心にはいつもタカコがいて、だからタカコにそっくりなウララもすぐ思い浮かぶんです♪


そんなわけで、、、
みんな、楽しい時間をありがとう。またすぐ来るから元気でね!!!
d0190294_010464.jpg

[PR]
by chappo10 | 2012-02-26 00:31 | 埼玉県こども動物自然公園

すごーくご無沙汰してしまいました。
見に来てくださった皆さん、すみません。

1月の福山市立動物園、安佐動物園もまだ終わってないのに、、、飛び越えて、1月末に参加した埼玉県こども動物自然公園での「大人の飼育チャレンジ」のことを書きたいと思います。

2012年1月、SCZで開催された「大人の飼育チャレンジ」に参加しました。
実は、このイベントへの参加は今年で3回目。つまり、初回からずっと参加してます。
毎年抽選なので、さすがに3回目は無理かな~と思ったのですが、当選!!!
毎年、形式が少しずつ違って、今年は前2回の終日とは異なり、半日で、また応募の時点で希望の飼育担当動物を選ぶという形式となりました。
人気動物を希望した人は落選もあったようですが、私は「ミーアキャット他」を希望し、見事当選!!!
3回目ということもあり、ちょっと申し訳ない気もしたのですが、、、終わってみると来年も許されるなら参加したい!と思っています。

さて、今年も朝8時過ぎに受付を済ませ、まずは全体で注意事項を聞き、そして園長さんのお話。
SCZの園長さんは独特な方で、私はいつも園長さんのお話が聞けるのを楽しみにしています。
今年のお話でもたくさん刺激的な言葉をいただきましたが、中でも印象的だったのが、
「動物園では私たち飼育者は動物が亡くなった時、『殺した』と言います。『死んでしまった』という表現はあまりにも無責任。それほど重い責任を負っていると思っている。その代わり、子どもが生まれた時は『殖やした』と言います。」という言葉。
ちょっと衝撃的な表現ですが、それだけ厳しい現場で真摯に動物たちを世話しているということだと思います。

今年も名言が聞けたと既に満足しながら、いよいよミーア舎へ移動開始♪
園内を車での移動です。
ミーアの場合は、担当飼育員さん1人、飼育体験者1人というペアでのお仕事でした。
まずは事務室でプレーリードッグのための餌の用意。小松菜を切ります。
事務室には動物たちの写真が貼ってあったり、餌用のコオロギやミルワームがたくさんいたり、なかなか見ごたえのある感じですが、ゆっくりしている暇はありません。
事務室からミーア舎へは、「ラクダ・小動物コーナー」の廊下を通って建物の窓を開けながら向かいました。そこで待っているのは、、、、、
そう!!!皆さんご存知の、フタクン! アイラブフタクン!
d0190294_1132734.jpg

(※この写真は飼育体験後に撮影したものです。飼育体験中は「お仕事中」なので写真は撮れません。)

「フタ、おはよ~」とフタクンを撫でる飼育員さん。便乗してフタクンを撫でる私。幸せです。

でもフタクンのところでゆっくりしている暇もなく、また後でねってことで、「ラクダ・小動物コーナー」を出て、プレーリードッグの放飼場へ。
プレーリードッグたちが穴の中にいてまだ出てきてない地上に小松菜を撒いておきます。

そしていよいよミーア舎へ。
本日のメインのお仕事です。
まだ室内にいるミーアとマングースを外の放飼場に出してから、ミーア部屋&マングース部屋をお掃除。
このとき室内には、那須からSCZに来たばかりで慣らし中のミーア女の子1匹と、彼女を取り巻く男ミーア4匹がいました。ミーアは女系なんですね。このとき初めて知りました。
それから、バックヤードで治療中のフェネックのギンタくんも。早く良くなるよう祈ってるよ。
彼らの動き、声、視線、息遣いを感じながらのお掃除は、これまた幸せでした。

その間、外に出ているミーア親子(父母&子ども)3匹はどんな感じだったかと言うと、、、
d0190294_1234717.jpg

d0190294_1235696.jpg

(※この日のためにお願いした専属カメラマン(?)による撮影)

日差しが気持ちの良い朝は、こんな素敵なミーアが見られるんですね。
朝一の動物園、お勧めです。

室内の掃除が終わり、次は放飼場のアクリル板を拭く作業。
小さな子どもは上からミーアを覗き込むのではなく、アクリル板越しに見るため、アクリル板が透明になるようにぬれ雑巾できれいに拭きます。
d0190294_16363327.jpg

d0190294_16364528.jpg

↑の写真、足元にミーア親子が来ています。
私の足を手でちょんちょん触ったりしてました。なんたる幸せ!

この後、ミルワームを手作りおもちゃ(丸いボール状の入れ物に小さい穴を空け、転がすと餌が出てくるもの)に入れてミーアにあげたり、特別おやつとしてコオロギやジャンボミルワームをあげたりしました。
ミーアたちも嬉しそうで、ほんとに楽しかったです。

作業をしながら、飼育員さんにいろいろ話をお聞きできたのも良かったです。
担当の飼育員さんは、その日は代番でミーア他も担当されていたのですが、普段はネズミ担当とのことでした。
SCZには、とてもたくさんの種類のげっ歯類がいて、さらには表に出ている子達だけでなくバックヤードにもたくさんいるそうです。そのものすごい数のネズミたちを固体識別できるそうで、本当にすごい飼育員さんです。
たとえばデグーは頭が良くて主張してきたりもするので、小さくても意思疎通ができるそうです。

作業を終え、事務所に戻りながら、動物の名前や特徴などいろいろ教えてくださいました。

d0190294_1532293.jpg

ケープハイラックスは3匹いますが、↑の2匹は父と息子。
その隣の部屋にいる1匹は父親の姉又は妹なんだそうです。だから3匹一緒にはできないと。
安佐動物園にいっぱいいるので、お相手が来てくれるといいですねと話しました。

そして、最後に特別に!フタクンにニンジンをあげる時間を設けてくださいました。
だがしかし!!!!
フタクン、一口食べた後、完全にそっぽを向いてしまいました。ニンジン大好物なのに!!
どうやら、「こんな時間にぼくの大好物のニンジンを持ってくるなんて、きっと治療とかそういう嫌なことをする気なんだな、そうはさせないぞ!!」と、勘繰ってしまったようです。
フタクンはすごく頭が良くて頑固で、これぞフタクン、そこがまた可愛い と飼育員さん。
そういうところを見られたのも、貴重な経験でした。
私がフタクンのことがすごく好きだと言ったら、飼育員さんはフタクンの話をたくさんしてくださいました。
・今は、脚のリウマチが悪化して歩けなくなったので、もう外に出られないこと。
・フタクンの担当者は決まっていなくて、みんなで面倒を見ていること。
・甘いものは好きじゃないこと。
・グルコサミンを飲んでいること。
・飼育員さんたちは野毛山のツガルさんの記事などを読んで研究してフタクンにいろいろ試していること。
・ツガルさんが歩けなくなったのもちょうど今のフタクンの年齢ぐらいだったから、フタクンもこれから後10年は頑張ってくれると願っていること。
フタクンは飼育員さんたちにとても大事にされていることがよくわかりました。
フタクンの脚が良くなって、また外に出られることを願っています。

d0190294_1636931.jpg


半日のあっという間の飼育体験を終え、午後は園内を見て回りました。
この時間を設けるために、今年は半日にしたとのことでした。



d0190294_16232631.jpg

キリン。ウララとニック。



d0190294_1624147.jpg

一番小さなガンバ。



d0190294_16242127.jpg

お母さんのリンと幼子ガンバ。



d0190294_16245174.jpg

落ち葉のベッドは大盛況。



d0190294_16251685.jpg

3人仲良くお昼寝、気持ちいいね。



d0190294_16381123.jpg

お話してくれました。ありがとう。


今年も大人の飼育チャレンジ、大満足でした。
SCZの「大人の飼育チャレンジ」は学生の参加は不可となっています。
参加者の年齢層はさまざまですが、私の参加した回は30代、40代が一番多いように見えました。

飼育員さん、そして動物たち、貴重な体験をさせてくれて、ありがとうございました。
[PR]
by chappo10 | 2012-02-25 16:43 | 埼玉県こども動物自然公園

Happy Anniversary!

1月15日は、父母の結婚記念日。

ということで、素敵な仲間たちにメッセージをいただきましょう♪

d0190294_0494110.jpg

「結婚★★周年おめでとう!私たち夫婦のようにこれからものんびりね。」



d0190294_0514153.jpg

「お互いが別々の方向を向いてるときも、あっていい。」



d0190294_0525028.jpg

「見た目が全然違ったっていい。」



d0190294_055733.jpg

「大切なのは、一緒にご飯を食べること。食べることは生きること。」



d0190294_0554184.jpg

「大切なのは、一緒に日向ぼっこをすること。太陽の光は明日への活力。」



d0190294_0562582.jpg

「もう一つ大切なのは、お話しすること。お風呂、先にどうぞ とかね。」



d0190294_058498.jpg

「そうすれば、私たちみたいに・・・・」



d0190294_05916.jpg

「世界一の夫婦になれるから!!!」



<出演協力>
池田動物園 カピ子さんとピッピ君
埼玉県こども動物自然公園 ヤギさん
宮崎市フェニックス自然動物園 コブヘイさん(コブウシ)とグレースさん(馬)(共にメス)
横浜市立金沢動物園 ボンとヨーコ
安佐動物公園 ミーアキャットさん
安佐動物公園 ハナ(妻)とクロ(夫)(クロサイ長寿世界第1位と第2位)
[PR]
by chappo10 | 2011-01-15 00:00 | その他