タグ:マントヒヒ ( 1 ) タグの人気記事

チンパンジーのお食事

2012年7月、野毛山動物園に行ってきました。

13時半からのチンパンジーのお食事には、少し前から行ってスタンバイ。

もっと前からそわそわとスタンバイしているのは、主役のチンパンジー本人たちでした。

d0190294_23194936.jpg
昨年1月20日にコブヘイとミラクルの間に生まれたルイちゃん、女の子。
ご飯の時間が待ち遠しくてしかたない様子。



d0190294_23222381.jpg
ピーコさんに包まれて幸せそうな笑顔のルイちゃん。



d0190294_23234370.jpg
お食事はこのような形で行われました。
飼育員さんを挟んで向かって左側の部屋にコブヘイ、右側の部屋にピーコさん、ミラクル、ルイ。
二つの部屋は自由に行き来できます。



d0190294_23261185.jpg
ブドウを直接お口に入れてもらうルイちゃん。
赤ちゃんですね。
向かって左がミラクル、真ん中ルイ、背中を向けてるのがピーコさんです。



d0190294_23293451.jpg
大人のチンパンジーには、こんな風にして1つ1つ手渡しされます。
ピーコさんがヨーグルトをもらっているところ。
ヨーグルトは自分で蓋をはがして食べていました。



d0190294_23324256.jpg
コブヘイがもらったヨーグルトをグビグビ飲んでいるところ。



d0190294_23332852.jpg
d0190294_23334072.jpg
大根をとっても美味しそうに食べるピーコさん。



d0190294_23341668.jpg
ピーマンも美味しそうに食べるピーコさん。



d0190294_2334499.jpg
コブヘイが食べてるのは玉ねぎかな。
手前に刺さっているのは大根。後回しのようです。



d0190294_23361720.jpg
キウイも美味しそうに食べるピーコさん。
ピーコさんは1966年にアフリカから来園した推定47歳の、野毛山動物園で最高齢のお方。
今では若いコブヘイ、ミラクル、そして赤ちゃんのルイに囲まれ、にぎやかに、小さいけれどチンパンジーの群れの中で暮らしています。良かったなあと思います。
子供のころに遠くアフリカから連れてこられたピーコさん。寂しい思いもたくさんしてきたと思いますが、これからは楽しい仲間と優しい飼育員さんたちと一緒に幸せに長生きしてほしいと思います。

そうそう、この日、印象的だったのは、ピーコさんがとにかくよく食べること。他の人が残したものもピーコさんがどんどん食べていましたよ。元気に長生きする秘訣は、この食欲にあるに違いない!と思いました。



さて、そんな平穏なお食事タイムを乱した?のがコブヘイ。
d0190294_23425988.jpg
突然のディスプレイで大騒ぎ。他の3人は急いでコブヘイから離れます。
飼育員さん曰く、他の飼育員さんが通りかかったのを見て、コブヘイが「俺のほうが強いんだぞ!」とディスプレイをしたそうです。
ものすごい迫力で、コブヘイが立ち上がった姿や、腕や腿の筋肉、大きな背中など、すごくかっこよくてほれぼれしたのですが、どさくさに紛れてか興奮しすぎてか、近くにいたピーコさんの背中をペチン!!と叩いたんです!
年配のピーコさんを叩くなんてひどい!!と私は抗議しましたが、ピーコさんも叩かれっぱなしではありません、歯をむき出してコブヘイを追いかけて怒りました。
でも、コブヘイもちゃんとわかっていて、ルイちゃん(+ミラクル)には手荒なことはしないようです。赤ちゃんは守るべき存在ということなのですね。
思わぬ大騒ぎが見られたのも、貴重なことでした。
ピーコさんにはちょっと災難でしたが、、、ああやって、「人を巻き込むな!!」とコブヘイを教育するのも年長者のピーコさんの役割なのでしょうか。


食事のメニューは、写真で紹介したもの以外に、ふかしたサツマイモ、リンゴ、ゆでたまごなどがふるまわれました。豪華な昼食でした。
チンパンジーは朝昼晩の三回の食事だそうです。


d0190294_23482110.jpg
お隣のマントヒヒ夫妻にもおやつがふるまわれました。
マントヒヒは朝晩2回の食事で、お昼には少しだけ与えるそうです。
マントヒヒには、麦とか植物の種など小さな粒状のものが与えられました。
写真のように手渡しすると、マントヒヒの場合オスとメスとの体格差が大きく、オスが強すぎるため、全部オスが食べてしまうので、ということで、この後に放飼場にばらまかれました。
ばらまかれた餌を一粒一粒手で拾って食べることができるのがマントヒヒ、それができないのがチンパンジーだそうです。
というのも、マントヒヒは地上生活者、チンパンジーは主に樹上で餌を食べるので、手(指)の構造が違うそうです。マントヒヒの手は小さなものを指でつまむことができる構造になっています。
比較のために、チンパンジーにはふかした大豆がばらまかれました。
手で拾うのではなく、床に落ちた大豆を直接口で食べていました。
違いのよくわかる解説で、とても勉強になりました。
マントヒヒはオスがロンくん、メスがサチコさんです。午前中はロンくんがずっとサチコさんを追い回していましたが、午後はやっとゆっくりしていました。



d0190294_095047.jpg
若いお母さんのミラクル。ルイちゃんはまだまだ赤ちゃんで大変なこともあるだろうけど、優しいピーコさんと大きなコブヘイに守られているので安心ですね。
また遊びに来ます。元気でね。


あ~~~ほんとに楽しい楽しい、そしてためになる、チンパンジーのお食事タイムでした。
[PR]
by chappo10 | 2012-07-22 23:00 | 野毛山動物園