2013年6月の終わり、福山市立動物園。

久しぶりのふくずーでの目的の一つは、川崎市夢見ヶ崎動物公園からふくずーに引っ越したハートマンヤマシマウマのオリーブに会うことと、オリーブの赤ちゃん時代の写真を飼育員さんに渡すことでした。

園に到着したのがちょうど職員の方々のお昼時で、最初に声を掛けさせていただいた飼育員さんがすぐにシマウマ担当の飼育員さんを呼んでくださり、写真をお渡しすることができました。
とても喜んでくださったので本当に良かったです。

オリーブは2011年8月9日に、父ビリーと母ミドリの間に生まれました。
d0190294_22223328.jpg


オリーブが生後1ヶ月頃の写真です。
d0190294_2223780.jpg


母馬ミドリと。
d0190294_22232871.jpg


オリーブは、2012年10月2日に夢見から福山へお嫁入りしました。
福山には、伊豆アニマルキングダムから2012年4月に来園したイチローという名のハートマンヤマシマウマが、暮らしていたのですが、とても悲しいことに今年の4月頃に亡くなったようです。
飼育員さんにお聞きしたところ、突然の病気で亡くなったそうで、オリーブとはとても仲が良かったので本当に残念だとのこと。
ハートマンヤマシマウマは今年の1月に夢見でキララ(オリーブの妹)が生まれた時点で、国内で16頭と、数が大変少ないのですが、元々飼育している園も少ないため、ペアを作るのも難しいそうです。

ふくずーに馴染んでいたオリーブ
d0190294_2238846.jpg


飼育員さんにはとても懐いていて、甘えていました。
d0190294_22385550.jpg


飼育員さんもとても可愛がってくださっていて、安心しました。飼育員さんはオリーブやハートマンヤマシマウマについていろいろお話してくださいました。
d0190294_22394663.jpg


「キリンのふくりんとも仲がいいんですよ~」と教えてくださったのですが、、、その様子は後ほど(*^_^*)


さて、そのふくりんはというと、、、
立派な雄キリンに成長していました。でも相変わらず、ちょっと面白くて可愛いふくりんです。
d0190294_22431173.jpg


今年の4月に愛媛県のとべ動物園からお嫁入りした柑麟ちゃんとも仲良しのようです。
なんだか鏡みたいですね。
d0190294_22455183.jpg


観察していると、柑麟ちゃんがこっちに来てくれました!
d0190294_22465250.jpg


柑麟ちゃんに見つめられ、、、微笑んでくれたようで、、、
d0190294_2247235.jpg
たまりませんね(♡ ♡)

柑麟ちゃんに心奪われていたら、、、ふくりんが邪魔しにきました。
d0190294_22505554.jpg


邪魔しに なんて言ったら怒られますね。仲のいい二頭の様子に幸せな気持ちになりました。
d0190294_22514194.jpg


体格差があるのでまだフェンスで隔てているそうですが、こんなに仲の良さそうな様子を見たら、柑麟ちゃんを送りだしたとべの方たちもさぞかし喜ばれるでしょうね。
d0190294_22521528.jpg



さてさて、ふくりんには、仲良しさんがもう一頭。
そう、ハートマンヤマシマウマのオリーブです。

「仲いいんだよ~」と得意気なふくりん。
d0190294_22572365.jpg


長い首を伸ばしてオリーブにタッチ。
d0190294_22571884.jpg


ふくりんがあんまりしつこいと、、、オリーブ「もぉ~ ふくりんしつこい~」
d0190294_22581883.jpg


でも、オリーブもこの場から離れようとしないので、ふくりんのこと好きなんだと思います。スリスリ~な二頭です。
d0190294_2304970.jpg


あんまり見ていると、「お客さん、見すぎですよ」とふくりん(^_^;)
d0190294_2304563.jpg


オリーブが大事にされていること、ふくりんと柑麟ちゃんが仲良くしていること、さらにはオリーブとふくりんが仲良しであることまでわかって、収穫いっぱいのふくずーでした。
ふくりんと柑麟ちゃんの同居が始まったら、今度は3頭で仲良くしてね♪


<2013年7月追記>
福山市立動物園で撮影したオリーブの写真を、オリーブのふるさとである川崎市夢見ヶ崎動物公園に、後日届けてきました。
声を掛けさせていただいた飼育員さんが、わざわざシマウマの担当飼育員さんを呼んでくださいました。
本当にあ~お渡しできて良かった!!!と心から思えるほど、ものすごく喜んでくださいました。
オリーブが生まれた時から福山へ旅立つ時まで面倒を見てこられた、いわば「お父さん」なわけですから、オリーブが福山の飼育員さんに可愛がられ、キリンのふくりんとも仲良くしている様子に、目じりを下げられ「良かった良かった」ととにかく喜んでいらっしゃいました。
動物園の動物は、繁殖のため、生まれた場所から次の場所へと旅立つことは多いので、いつも動物園を楽しませていただいている来園者として、こういった形で飼育員さんに喜んでいただけたら本望だと思いました。飼育員さんの幸せは動物の幸せにもつながると思っています。

それでは、オリーブの写真をお届した際に撮影した、夢見のハートマンヤマシマウマの写真もここに載せておきます。

相変わらず美馬のミドリお母さん。最近削蹄をしてもらったそうです。シマウマの削蹄は麻酔をするので大変な大仕事だとのこと。
d0190294_14281117.jpg



キララです。2013年1月生まれ。オリーブの妹にあたります。約半年経って、大きくなりましたね。(ちなみにキララの名前投票でも私の投じた名前は採用されませんでしたw)
d0190294_1431426.jpg



キララがぶっ倒れてます。ウソです、寝ています。仔馬はリラックスが得意。キララは懐っこくて可愛いところが、オリーブお姉ちゃんによく似ていると思います。
d0190294_1432860.jpg

d0190294_14322418.jpg



あらぶるビリーお父さん。いえ、別にあらぶっているわけではなく、馬がよくやるゴロゴロですね。
ミドリ・キララ親子と交代で出てきて、「やっほ~!」という感じです。
d0190294_14354728.jpg
d0190294_14355435.jpg


ビリーの次は、息子のアース(オリーブとキララのお兄さん)が出てくるのですが、暑さに負けてアースが出てくる前に動物園を後にしてしまいました。アース、次はアースが出てるときに来るよ~。


夢見と福山のハートマンヤマシマウマ家族。離れてもシマウマ家族は飼育員さんや来園者に愛されて、みんな繋がっています。みんな元気で、この夏を乗り切ろう!!!
[PR]
by chappo10 | 2013-07-07 21:00 | 福山市立動物園

2012年1月~2013年2月にかけての、夢見のシベリアヘラジカの写真を掲載しておきたいと思います。
(もっとこまめに更新すればいいのにね・・・という反省は後でするとして、、、自分用の記録でもあるので大変長くなると思います。ご了承ください。)

<個体情報>
「ポロウ」:メス、1998年6月誕生~
「ユキ」:メス、1999年5月誕生~2012年4月14日天国へ


<2012年1月>
以前の記事にも載せましたが、記録としてもう一度。
私がユキに会えたのは、そして姉妹が一緒にいるところを見られたのは、これが最後になりました。

ユキ
d0190294_1421349.jpg

ユキ
d0190294_1422241.jpg

ポロウ
d0190294_142305.jpg

向かって左がユキ、右がポロウ
d0190294_1423712.jpg



2012年4月14日に妹のユキが亡くなりました。12歳10ヵ月でした。
元々悪かった脚が悪化し、そのために内蔵の動きが弱っていたそうです。
飼育員さんや獣医さんが優しく手当をされていたのを思い出します。ユキが鳴いていたことも思い出します。
こちらの記事に飼育員さんの思いが語られています。
「思い出ありがとう、シベリアヘラジカ「ユキ」悼む 夢見ケ崎動物公園/川崎 2012年4月25日」
“「とにかく今までありがとうと言いたい。痛い所を触られるのは本当に嫌だったと思う。よく耐えた」と、宇田さんは声を詰まらせる。”
ユキを大事に思う飼育員さんの気持ちはユキに伝わっていたと思うし、それを感じたユキに幸せな時間は確実に流れていたと私は信じています。

それからはポロウの1頭暮らしになりました。
日本で最後のヘラジカになります。口蹄疫の影響で偶蹄類であるヘラジカの輸入は禁止されているそうです。
(朝日新聞「シベリアヘラジカ 国内で最後の1頭に 2012年05月11日」

ユキが亡くなってしばらくは、ポロウは神経質になり食欲も落ちていたそうです。
夢見ニュースVol.24


<2012年6月>
d0190294_14171637.jpg


ポロウに声をかけたら近くに来てくれました。
d0190294_14173653.jpg
d0190294_14174347.jpg
d0190294_1418236.jpg

心配していたこちらの気持ちをわかってくれたかのようでした。慰めるつもりがこちらが励まされるといういつものパターンです(^_^;)
運動場に生えた青草を美味しそうに食べていました。
d0190294_14184573.jpg
この6月でポロウは14歳になりました。

この日は、4月に仲間入りしていたケープハイラックスのエルモにはじめまして。
d0190294_14202878.jpg

安佐から一緒にやってきた兄弟のエースが5月11日に亡くなり1人になってしまいました。
人が好きなので寄ってきてくれました。ようやく少しずつ元気を取り戻してきたところです。
d0190294_1422023.jpg
d0190294_14221010.jpg


この日はマーコールの赤ちゃんが遊び
d0190294_14223734.jpg


ハートマンヤマシマウマのお腹のチャックが見えました。
d0190294_1423361.jpg



<2012年7月>
d0190294_14244434.jpg
暑い日、暑さが大の苦手なポロウは緑の中でじっと暑さに耐えていました。

同じく暑さが苦手なアライグマ
d0190294_14255830.jpg


飼育員さんに甘えるロバ
d0190294_14262037.jpg


おっとっと!ハートマンヤマシマウマ
d0190294_1427365.jpg


エルモは元気にダッシュ
d0190294_14272434.jpg


ブラウンキツネザルとワオキツネザルが仲良しなのも夢見ならでは
d0190294_1428552.jpg
d0190294_14281342.jpg



<2012年10月>
涼しくなってきて元気を取り戻してきたポロウ。
d0190294_14305278.jpg
d0190294_1431113.jpg


エルモ
d0190294_14312538.jpg

飼育員さんに甘える
d0190294_14314097.jpg


6月に生まれたレッサーパンダの赤ちゃんカリンちゃんは、お母さんのアンちゃんに甘えます。
d0190294_1432149.jpg



<2013年1月>
元気そうでした。
d0190294_1434501.jpg
d0190294_14345925.jpg


穏やかな表情です。
d0190294_1435476.jpg
d0190294_14355423.jpg
d0190294_1436030.jpg


この日は偶然にもハートマンヤマシマウマのミドリの赤ちゃんの初公開日でした。
d0190294_14364974.jpg

生後3日の赤ちゃんを飼育員さんも近くで見守ります。
d0190294_14373233.jpg


エルモは防寒シートの向こう側でふて寝?
d0190294_14375874.jpg



<2013年2月>
ハートマンヤマシマウマの赤ちゃんが少し大きくなっていました。
生後20日ぐらいです。
d0190294_14441190.jpg
d0190294_14442075.jpg


ブラウン団子にワオも混ざる。寒い日でした。
d0190294_1445098.jpg



ポロウは来園者に近いところで休んでいます。
d0190294_1439773.jpg
d0190294_14391012.jpg


ポロウの耳
d0190294_14393733.jpg

ポロウの鼻
d0190294_14395996.jpg

ポロウの脚
d0190294_14402321.jpg


16時頃、飼育員さんが迎えにきました。起き上って飼育員さんを見つめます。
d0190294_14411271.jpg


ナイトルームに戻る前にトイレを済ませるポロウ。
d0190294_14414897.jpg


ポロウがすごく鳴きました。飼育員さんに甘えているのか、言いたいことがたくさんあったのか。一生懸命話しているようでした。おやつをもらいます。
d0190294_1442219.jpg


まだ帰りたくなかったのか、それとも脚が痛いので動くのがイヤだったのかわかりませんが、おやつをもらいながら進みます。
d0190294_14432360.jpg


脚が痛く歩くのが辛そうで手当てをしてもらっていました。
d0190294_14464525.jpg


ご褒美のおやつと
d0190294_14471867.jpg

ご褒美のハグ
d0190294_14475175.jpg
d0190294_14481097.jpg


そして2人で並んで部屋に入っていきました。
d0190294_14485559.jpg


部屋の中でも、飼育員さんはポロウの全身を撫でて、脚の手当もされているようでした。
d0190294_14492568.jpg



私はポロウが大好きです。
脚の痛みが緩和されること、飼育員さんと穏やかな日々を過ごせることを心から祈っています。
まずは今年の6月に15歳になるポロウをお祝いできることを楽しみに応援したいと思います。
ポロウ大好き。
[PR]
by chappo10 | 2013-02-17 14:58 | 川崎市夢見ヶ崎動物公園

古賀賞受賞記念

安佐動物公園では、このたび「グラントシマウマの累代繁殖と個体群管理」の業績で第26回古賀賞を受賞し、去る5月24日北海道旭川市で開催された公益社団法人日本動物園水族館協会総会にて秋篠宮殿下御臨席のもと記念のメダルと賞状を授与されました。
広島市報道資料より)

安佐動物公園に3度目古賀賞(中国新聞)

第26回古賀賞 「グラントシマウマの累代繁殖と個体群管理」(安佐動物園HP)

上記にご紹介しました通り、安佐動物園がグラントシマウマで第26回古賀賞を受賞しました。
受賞を記念し、安佐動物園で撮影したグラントシマウマの写真を紹介したいと思います。

“国内最多の18頭を約3550平方メートルの展示場で飼育している”という安佐動物園のグラントシマウマの展示場の様子が比較的わかる写真がこちら↓

2010年12月24日撮影
d0190294_03301.jpg
d0190294_033897.jpg
d0190294_0331571.jpg
d0190294_0335755.jpg
d0190294_034511.jpg

初めて見たときは、放飼場の広さとシマウマの群れに感動しました。
サファリパークではなくこの広さと動物の数を実現していることは素晴らしく、クロサイやケープハイラックス、アヌビスヒヒの数もおそらく日本一だろうと思われる安佐動物園、まさに「動物がたくさんの動物園」です。

(参考:アヌビスヒヒ)
d0190294_0452646.jpg
d0190294_0453336.jpg


グラントシマウマの繁殖という点では、私が今年1月に訪れた際にも、生まれて数カ月の赤ちゃんシマウマがいましたので、その写真も含めいくつか写真を紹介します。

2012年1月撮影
d0190294_0474640.jpg
d0190294_0482522.jpg
d0190294_048072.jpg
d0190294_0483899.jpg
d0190294_0481778.jpg
d0190294_0485648.jpg


本来群れで生活する動物を、動物園という人工的な環境下で群れで見ることができるというのは本当にありがたいことであり、また動物にとっても、自然に近い状態で尚且つ個体の健康・幸せを守れるのであれば素晴らしいことだと思います。
安佐動物園の特徴である、放飼場の広さと個体数の多さを、可能な限り他の園でも実現してほしいなあと思います。
私としては、動物園でたくさんの種類の動物に会うことより、1種類1種類、さらには1個体1個体が幸せに暮らしている様子に出会えることが何より嬉しいです。
1種類の動物を1か所に集中させることはリスクもあるため不可能ですが、「この動物園はこの動物」という風に、飼育管理を得意とする動物に特化して動物を飼育するということを全国の動物園で連携してやっていくのも、動物の幸せを追求するためのやり方なのかなあとも思います。
来園者は必ずしも種類をたくさん見たいわけではなく、動物の幸せそうな様子を見たいと思っているということを動物園側も意識しながら成長していってほしいです。

と、そんな偉そうなことを言ってみたりもしますが、とにかく、安佐動物園は大好きな動物園の1つなので、また近いうちに行きたいです!!
クロサイの赤ちゃんも生まれているし、新しいチンパンジー舎もできたし、見どころいっぱい!!!

みなさんも是非、古賀賞を受賞した、旬な安佐動物園へ行ってみてください☆
[PR]
by chappo10 | 2012-06-10 01:03 | 広島市安佐動物公園

問題です☆

(2011年12月)
東武動物公園のアフリカサバンナゾーンには、シマウマがいっぱい。

d0190294_0123355.jpg


実は上の写真の中に、一頭だけキリンがいます。
さてどこに隠れているのでしょうか!??



正解は、、、

こちら!
d0190294_0132868.jpg


最初の写真では、こちらです↓
d0190294_0194743.jpg


わかりますか?
柵の向こう側に首を突っ込んで、外の木の葉を食べているんです。首の長いキリンだからこそできる技ですね。
私も最初、看板ではキリンがいるはずなのに、いない、、寝室にいるのかなと思っていました。周りのお客さんもいないねと話していました。



そんな、「頭隠して尻隠さず」のキリンのリンちゃん(2004年8月20日生まれ女の子)が、やっと柵の間から頭を引っこ抜いて、出てきました。
すると、なぜか一頭のシマウマがリンちゃんの後ろにピッタリくっついてストーキング。。。
d0190294_0234811.jpg


鼻先がリンちゃんの後ろ足にぶつかってます。
d0190294_024478.jpg


遅れないようにせっせとついていきます。
d0190294_0252275.jpg
d0190294_0255588.jpg


やがて他のシマウマたちも集まってきて。。。
d0190294_0263073.jpg


あっという間に、リンちゃんサバンナの人気者!
d0190294_027175.jpg



シマウマに人気のリンちゃん、キリンとしては今は一人暮らしです。
同じ埼玉県内の動物園=SCZに、男の子が2頭生まれているので、いずれお婿さんとして来てくれるかもしれないね~
なんて、淡い期待を抱きながら、眺めていました。
[PR]
by chappo10 | 2012-01-04 00:31 | 東武動物公園

川崎市夢見ヶ崎動物公園

2010年10月某日、川崎市夢見ヶ崎動物公園に行ってきました。

入場無料、24時間出入自由、老若男女そして犬猫鳥たちの憩いの場です。


d0190294_17562435.jpg

ヤギさんがお立ち台でお出迎え。


d0190294_17595352.jpg

とっても可愛いロバさん。飼育員さんが、お掃除に入られたときに優しく撫でながら話しかけていらっしゃいました。


d0190294_1822637.jpg

シベリアヘラジカ(偶蹄目シカ科)。
日本の動物園では、ここ夢見ヶ崎動物園でしか見られません。姉妹で暮らしています。
現在は輸入ができなくなってしまったため、日本で見られるのはこの姉妹で最後になってしまいます。

d0190294_1863173.jpg

ここでも、飼育員さんが入念に様子をチェック。遠いですが、飼育員さんと比べてかなり大きいのがわかります。

d0190294_188543.jpg

d0190294_1891218.jpg

お顔はこんな感じ。


d0190294_18134494.jpg

d0190294_1814821.jpg

ハートマンヤマシマウマ。
ここ夢見ヶ崎が、日本の動物園のハートマンヤマシマウマ種別管理担当だそうです。
こちらで生まれたイブキちゃんというシマウマの赤ちゃんは、途中で母シマウマが育児放棄をしてしまったため、飼育員さんたちが一丸となり、初めての人工保育を献身的に行い、立派に大きくなって、今は広島県の福山市立動物園で元気に暮らしているそうです。
シマウマの2枚目の写真は、一緒に連れて行った犬を真剣に見つめているところです。私が話しかけても見向きもせず、犬を見ていました。犬は見られていることに気づいてすらいませんでした。。。


d0190294_18222394.jpg

アルダブラゾウガメ。

d0190294_18391177.jpg

マーコール。挨拶に来てくれました。日本で初めて繁殖に成功し、繁殖賞を受賞されたそうです。

小さな動物園ですが、他にもいろいろ動物がいます。
ワオキツネザル、ブラウンキツネザル、クロキツネザル、エリマキキツネザルとレムール舎が充実、飛び回って楽しそうでした。
クモザル、フサオマキザル、リスザルたちは、来園者に対して反応し来園者を喜ばせてくれます。
ペンギンは、人口くちばしで有名になったそうです。
保護されたハクビシンの赤ちゃんの人工保育、日本で唯一のフチアの飼育、びっくりするほどたくさんいるモルモットなど、まだまだ見所いっぱいです。
d0190294_19132759.jpg

d0190294_19135612.jpg


入場無料・24時間出入自由ということで、飼育員さんたちもたくさんの苦労、努力を重ねられてきたそうです。
その秘話が、「夢見ヶ崎動物公園騒動記」という本でたくさん紹介されているそうなので、読んでみようと思います。
まさに市民の動物園という感じで、動物との距離も近く、飾らない素朴な動物園でした。またあの子に会いに行かなくては!という思いにさせられるところです。

皆さんもぜひ訪れてみてください☆


*****
【本日のメモ】
コモドオオトカゲは死肉を食べるため口内に70種類以上のバクテリアがいる。そのバクテリアの中には有毒のものもあるため、コモドオオトカゲに噛まれたものは数日後に敗血症で死に至る。 (from Animal Planet)
[PR]
by chappo10 | 2010-11-03 19:00 | 川崎市夢見ヶ崎動物公園