タグ:アヌビスヒヒ ( 1 ) タグの人気記事

古賀賞受賞記念

安佐動物公園では、このたび「グラントシマウマの累代繁殖と個体群管理」の業績で第26回古賀賞を受賞し、去る5月24日北海道旭川市で開催された公益社団法人日本動物園水族館協会総会にて秋篠宮殿下御臨席のもと記念のメダルと賞状を授与されました。
広島市報道資料より)

安佐動物公園に3度目古賀賞(中国新聞)

第26回古賀賞 「グラントシマウマの累代繁殖と個体群管理」(安佐動物園HP)

上記にご紹介しました通り、安佐動物園がグラントシマウマで第26回古賀賞を受賞しました。
受賞を記念し、安佐動物園で撮影したグラントシマウマの写真を紹介したいと思います。

“国内最多の18頭を約3550平方メートルの展示場で飼育している”という安佐動物園のグラントシマウマの展示場の様子が比較的わかる写真がこちら↓

2010年12月24日撮影
d0190294_03301.jpg
d0190294_033897.jpg
d0190294_0331571.jpg
d0190294_0335755.jpg
d0190294_034511.jpg

初めて見たときは、放飼場の広さとシマウマの群れに感動しました。
サファリパークではなくこの広さと動物の数を実現していることは素晴らしく、クロサイやケープハイラックス、アヌビスヒヒの数もおそらく日本一だろうと思われる安佐動物園、まさに「動物がたくさんの動物園」です。

(参考:アヌビスヒヒ)
d0190294_0452646.jpg
d0190294_0453336.jpg


グラントシマウマの繁殖という点では、私が今年1月に訪れた際にも、生まれて数カ月の赤ちゃんシマウマがいましたので、その写真も含めいくつか写真を紹介します。

2012年1月撮影
d0190294_0474640.jpg
d0190294_0482522.jpg
d0190294_048072.jpg
d0190294_0483899.jpg
d0190294_0481778.jpg
d0190294_0485648.jpg


本来群れで生活する動物を、動物園という人工的な環境下で群れで見ることができるというのは本当にありがたいことであり、また動物にとっても、自然に近い状態で尚且つ個体の健康・幸せを守れるのであれば素晴らしいことだと思います。
安佐動物園の特徴である、放飼場の広さと個体数の多さを、可能な限り他の園でも実現してほしいなあと思います。
私としては、動物園でたくさんの種類の動物に会うことより、1種類1種類、さらには1個体1個体が幸せに暮らしている様子に出会えることが何より嬉しいです。
1種類の動物を1か所に集中させることはリスクもあるため不可能ですが、「この動物園はこの動物」という風に、飼育管理を得意とする動物に特化して動物を飼育するということを全国の動物園で連携してやっていくのも、動物の幸せを追求するためのやり方なのかなあとも思います。
来園者は必ずしも種類をたくさん見たいわけではなく、動物の幸せそうな様子を見たいと思っているということを動物園側も意識しながら成長していってほしいです。

と、そんな偉そうなことを言ってみたりもしますが、とにかく、安佐動物園は大好きな動物園の1つなので、また近いうちに行きたいです!!
クロサイの赤ちゃんも生まれているし、新しいチンパンジー舎もできたし、見どころいっぱい!!!

みなさんも是非、古賀賞を受賞した、旬な安佐動物園へ行ってみてください☆
[PR]
by chappo10 | 2012-06-10 01:03 | 広島市安佐動物公園