スカイウォーク

2010年10月某日、多摩動物公園に行ってきました。

動物たちによる左右からの度重なる誘惑(実際には誰も誘惑なんてしてません)に負けそうになりながら、何とか11時半からのオランウータン・スカイウォークに間に合いました。

d0190294_22581979.jpg

先頭を行くのはミンピー選手!
一番小さな赤ちゃんですが、さすが、見事です。


d0190294_2311227.jpg

後ろをついていくのは、お母さんかな?ゆっくり進みます。


d0190294_2325690.jpg

そしてミンピーちゃん、かっこよくポーズ☆ “This is it”にそっくり!と友達が。確かに、完全にマイケルですね。


d0190294_2362110.jpg

あらよっと!!


d0190294_2365762.jpg

二人仲良く。


d0190294_2373085.jpg

最後は爽快に空からトイレ♪


オランウータンのスカイウォーク、本当に見事でした。
見ていてハラハラドキドキしましたが、本来オランウータンは樹上生活をする動物。これが、当たり前の姿なんですね。

日本の動物園では、使い終わった消防ホースを利用して、オランウータンの快適な生活を実現させました。それをさらに発展させたのが、このスカイウォークだそうです。この消防ホースの利用が、なんと、野生のオランウータンの命を繋ぐための技術として、マレーシア・サバ州で活かされています。日本の動物園から、オランウータン担当飼育員さんたちが現地を訪れ、開発で分断された森林と森林を結ぶ吊り橋を、消防ホースで作り、実際に野生のオランウータンが渡ったそうです。そのプロジェクトに尽力された、動物園4園の飼育員4名の方々が、2010年エンリッチメント大賞を受賞されました。動物園での取組を野生動物の保全へと繋げることができたことは、動物たちを一番に愛し、努力されてきた飼育員さんたちにとって、最高の成果だったと思います。来園者としても、このような取組を是非応援していきたいと思います。
詳しくは、こちらをご覧ください→ エンリッチメント大賞2010 

皆さんもぜひ多摩動物公園オランウータンのスカイウォーク、見てみてくださいね☆
[PR]
# by chappo10 | 2010-11-03 23:30 | 多摩動物公園

川崎市夢見ヶ崎動物公園

2010年10月某日、川崎市夢見ヶ崎動物公園に行ってきました。

入場無料、24時間出入自由、老若男女そして犬猫鳥たちの憩いの場です。


d0190294_17562435.jpg

ヤギさんがお立ち台でお出迎え。


d0190294_17595352.jpg

とっても可愛いロバさん。飼育員さんが、お掃除に入られたときに優しく撫でながら話しかけていらっしゃいました。


d0190294_1822637.jpg

シベリアヘラジカ(偶蹄目シカ科)。
日本の動物園では、ここ夢見ヶ崎動物園でしか見られません。姉妹で暮らしています。
現在は輸入ができなくなってしまったため、日本で見られるのはこの姉妹で最後になってしまいます。

d0190294_1863173.jpg

ここでも、飼育員さんが入念に様子をチェック。遠いですが、飼育員さんと比べてかなり大きいのがわかります。

d0190294_188543.jpg

d0190294_1891218.jpg

お顔はこんな感じ。


d0190294_18134494.jpg

d0190294_1814821.jpg

ハートマンヤマシマウマ。
ここ夢見ヶ崎が、日本の動物園のハートマンヤマシマウマ種別管理担当だそうです。
こちらで生まれたイブキちゃんというシマウマの赤ちゃんは、途中で母シマウマが育児放棄をしてしまったため、飼育員さんたちが一丸となり、初めての人工保育を献身的に行い、立派に大きくなって、今は広島県の福山市立動物園で元気に暮らしているそうです。
シマウマの2枚目の写真は、一緒に連れて行った犬を真剣に見つめているところです。私が話しかけても見向きもせず、犬を見ていました。犬は見られていることに気づいてすらいませんでした。。。


d0190294_18222394.jpg

アルダブラゾウガメ。

d0190294_18391177.jpg

マーコール。挨拶に来てくれました。日本で初めて繁殖に成功し、繁殖賞を受賞されたそうです。

小さな動物園ですが、他にもいろいろ動物がいます。
ワオキツネザル、ブラウンキツネザル、クロキツネザル、エリマキキツネザルとレムール舎が充実、飛び回って楽しそうでした。
クモザル、フサオマキザル、リスザルたちは、来園者に対して反応し来園者を喜ばせてくれます。
ペンギンは、人口くちばしで有名になったそうです。
保護されたハクビシンの赤ちゃんの人工保育、日本で唯一のフチアの飼育、びっくりするほどたくさんいるモルモットなど、まだまだ見所いっぱいです。
d0190294_19132759.jpg

d0190294_19135612.jpg


入場無料・24時間出入自由ということで、飼育員さんたちもたくさんの苦労、努力を重ねられてきたそうです。
その秘話が、「夢見ヶ崎動物公園騒動記」という本でたくさん紹介されているそうなので、読んでみようと思います。
まさに市民の動物園という感じで、動物との距離も近く、飾らない素朴な動物園でした。またあの子に会いに行かなくては!という思いにさせられるところです。

皆さんもぜひ訪れてみてください☆


*****
【本日のメモ】
コモドオオトカゲは死肉を食べるため口内に70種類以上のバクテリアがいる。そのバクテリアの中には有毒のものもあるため、コモドオオトカゲに噛まれたものは数日後に敗血症で死に至る。 (from Animal Planet)
[PR]
# by chappo10 | 2010-11-03 19:00 | 川崎市夢見ヶ崎動物公園