2011年11月13日(土)

SAGA13の1日目は麻布大学で開催されました。

SAGA13プログラムを見ていただくとわかりますが、
学長挨拶
増井光子先生追悼
の後、お二方の研究者による発表、お昼をはさんで、もうお一方の発表がありました。
詳しい発表内容については、後日SAGAのHPで「要旨集」が公開されると思うので、ここでは素人の私の目線で強く印象に残ったことだけを書き残したいと思います。


<シンポジウム1>
最初の発表(シンポジウム1)は、岡山県玉野市の出崎半島に位置する林原類人猿研究センター(通称GARI)から平田聡さんによる「大型類人猿とは何か」

まず最初におっしゃったことが、ヒトとヒト以外の類人猿は同じ線上にある仲間の生き物であるということ。ヒトがチンパンジーやゴリラから進化したのではなく、同じ祖先を持って同じ線上で分岐した仲間であるということでした。
そして、チンパンジー、ボノボ、ゴリラ、オランウータンのそれぞれの生態について簡単な説明があり、下記の発表が始まりました。

発表内容は大きく分けて2つ。
①研究からわかったチンパンジーの生態
②コンゴ民主共和国ワンバ村でのボノボの保護活動

①では、チンパンジーの自己認識について、チンパンジーの頭に小さなシールを数枚貼って、チンパンジーが鏡を見て自分でそのシールをはがすという実験を映像で紹介されました。
鏡を見てそこに映っているのが自分であると認識できる、つまり自己認識ができるかどうか。類人猿(ape)にはできるがサル(monkey)にはできないそうです。
こうして文字で「実験」と書くと、なんだか冷たいような印象がありますが、実際に映像で見てみると、とても楽しく笑ってしまうようなほのぼのとした環境で行われています。平田さんの言葉の端々からも感じられるし、映像でもよくわかりましたが、研究センターに暮らすチンパンジーたちに対して、センターの方たちは本当の家族のように大切に大切に接していらっしゃいます。
(チンパンジー研究者の方たちの間では当たり前のことかもしれませんが、「~匹」「~頭」ではなく、「~人」とおっしゃっていました。難しい話をしている中、途中で「うちの●●ちゃん」とチンパンジーを紹介されるので、私はいちいちそこに皆さんの深い愛情を感じて嬉しくなってしまいました。)
もうひとつ、私が印象に残ったのは「協力」という行動をチンパンジーはとることができるのかという実験。二人で協力しないと動かせない重い石の下に食べ物があるというシチュエーションです。チンパンジーが人間を「協力」に誘い、見事食べ物を食べられた後、嬉しくなって、一緒に石を動かしてくれた人に抱きついていたのがとても可愛かったです^^  可愛いということを見せるのが目的の映像ではなかったのですが、やっぱり可愛かったです。
他に、チンパンジーの子育てについてのお話もありました。チンパンジーは子育てをするために、それまでの学習や適切な経験が必要であるため、飼育下でそれが難しいが故に育児拒否が起こりうる、その割合は50%。人工保育後の群れ入りの難しさを、実際にセンターで現在進行中の群れ入りの試みを通して発表されました。詳しくは「ちんぱんじーのえにっき」で紹介されています。チンパンジーを群れで飼育することの重要性を強く感じました。

②では、平田さんがワンバ村でボノボの現地調査・保護活動をされた時の話でした。
内戦や自然破壊でボノボの数が減少しているコンゴ民主共和国。現地で行われているボノボの保護活動の状況を、映像を交えて紹介されました。実際に起きたボノボをめぐる悲惨な事件も紹介されました。ボノボを守るためにはワンバ村で暮らす現地の人々をサポートし理解を得ることが大切だと。
最後に、「これは日本から遠く離れた国で起こっていることで、日本に住む私たちには関係ないと思われるかもしれません。でも、地球上に住む人間が皆、日本人と同じ暮らしをしたら、地球が2.3個分必要と言われています。そのことを考えると、ワンバ村で起こっていることは決して他人事ではないのです。」という趣旨の言葉を述べられました。これはとても重い言葉だと感じました。

ここまでで結構長くなってしまったので、シンポジウム2と3は次の記事で書きたいと思います。
2と3は短くなると思います。なぜなら、発表が英語だったので、理解できた割合がかなり少ないから・・・・・・。

文章だけでは寂しいので最後に写真を1枚だけ。
SAGA13の2日目が開催されたズーラシアで撮影した写真です。

d0190294_115348.jpg

アカカワイノシシです。
今回の話と全く関係ないと思われるかもしれませんが、実はチンパンジーと同じアフリカが故郷の動物です。
ズーラシアでは展示が生息地ごとに分かれていてとてもわかりやすくなっています。
このアカカワイノシシは、「アフリカの熱帯雨林」エリアで、チンパンジーの森のお隣にいます。今は赤ちゃんもいて、来園者から大人気です。
是非みなさんもズーラシアでアフリカの熱帯雨林を体験してみてください♪
[PR]
by chappo10 | 2010-11-21 01:20 | イベント

SAGA13

2010年11月13日と14日の両日、SAGA13(アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い)に参加しました。

13日は麻布大学で、14日はズーラシアで開催されました。

大型類人猿(ゴリラ、オランウータン、チンパンジー、ボノボ)はもちろんのこと、全ての生き物を対象として、さまざまな活動や研究を通し、これから私たち人間がどのように共存していくべきなのかを考える集いです(すごい簡単にまとめてしまいました・・)。

詳しくはSAGAのHPから
SAGAとは
提言および提言者
をご覧ください。

提言者の中に、今年7月に亡くなられたズーラシアの園長であり麻布大学の教授であった増井光子さんも入っておられます。
悲しみを乗り越え、増井先生の遺志を継いで、今回のSAGA13が開催されました。

SAGAは、まったくの一般人でも無料で参加できる貴重な集いです。
私も完全な素人ですが、参加させていただき、とても専門的な話も多く難しいものもありましたが、それでも、本当に参加できて良かったと、感動覚めやらぬ思いです。一般の人こそ、このような集いに積極的に参加し、自分たちが生きる地球、共に生きる他の動物たちについて、立ち止まって考えてみるきっかけになれば、長い目で見て、この世界が良い方向へと変わっていけるのかもしれません。そして参加させていただいたからには、その志を持って、これから自分に何ができるか考えていかなければならないと思っています。

詳しい内容については、後日ご報告できればと思います。。。

ズーラシアで撮った写真を少し。

d0190294_010205.jpg

セスジキノボリカンガルー

d0190294_0105485.jpg

オランウータン(ロビン) ☆Great Ape☆

d0190294_0113944.jpg

チンパンジー ☆Great Ape☆


13日の集いの最後に、SAGAの提言者であり世話人である京大霊長類研究所長松沢哲郎氏が、
「SAGAは“Support for African / Asian Great Apes”の略ですが、今では“Support for All Great Animals”だと思っています。」
というようなことをおっしゃられたのがとても印象的でした。

取り急ぎ報告まで。。。
[PR]
by chappo10 | 2010-11-15 00:16 | イベント

ボンとヨーコ

2010年9月某日、横浜市立金沢動物園に行ってきました。

毎日14時半から行われている「ゾウの牙ガイド」を目指して、インドゾウのボンとヨーコのところへ。

d0190294_2353853.jpg

ヨーコは見学者みんなにご挨拶してくれました。笑顔がとっても可愛いヨーコ。


d0190294_2364376.jpg

ヨーコが挨拶をしている横で、大きなお尻を向けているのは、旦那さんのボン。
私たちが呼んでも見向きもしません。
ところが、、、、、


d0190294_2392061.jpg

飼育員さんではないけれど園内で働かれているのであろう、年配の男性の方が通りかかり、「おい、ボン!ボン!ボーン!」と呼ぶと、こちらを向いて、「は~い、ボンだよ~」と挨拶。
ボンは「いつものおじさんが来てくれた♪」と思ったのでしょうか。ゾウはとても賢い動物ですね。


d0190294_2322843.jpg

「ゾウの牙ガイド」ということで、以前折れたボンの牙に触らせてもらえます。
持ってみましたが、上の写真の現在の牙の半分ぐらいの長さでしたが、それでもかなりの重さでした。
ボンほど立派な牙を持っているゾウは、他の動物園にもなかなかいないみたいです。


「ゾウの牙ガイド」で来てくださった飼育員さんは、とても親切な方で、いろいろな質問に対して全てとても丁寧に答えてくださいました。
ゾウ担当の飼育員になってもゾウに認められるまではかなりの年月を要すること。
大人になった雄のゾウを調教しないのは、自然界で雄は単独生活をする性質から、飼育員も一定の距離を置いて接するため。
ゾウのマストは、固体によって激しさが異なり、ボンはそれほどでもないこと。
ボンは体重6300キロ、ヨーコは3800キロ、雄と雌の体重差としては普通。
などなど。
印象に残ったのは、飼育員さんが、ボンとヨーコをとっても大切に思っているのがすごくよく伝わってきたことです。興味深い話が聞けてとても勉強になったのと同時に、ボンとヨーコが大事に大事にされていることがわかり幸せな気持ちになりました。


d0190294_2323054.jpg

その後はご飯タイム。
ボンは自分のぶんをさっさと食べ終わり、ヨーコの食べ残しを食べていきます。


d0190294_23241844.jpg

ぴったりくっついて。


d0190294_23244236.jpg

ヨーコの行くとこ行くとこ、ボンがついて回るという感じでした。

とっても仲良しな二人。これからも仲良く楽しい毎日を送ってね。


皆さんも金沢動物園に行かれたら「ゾウの牙ガイド」に是非参加してみてください☆
飼育員さんにたくさん質問することをお勧めします♪
[PR]
by chappo10 | 2010-11-08 23:29 | 横浜市立金沢動物園

クララちゃん

2010年8月某日、那須どうぶつ王国に行ってきました。

夏休み中ということもあり、結構にぎわっていました。

中でも人気だったのが、フタコブラクダのクララちゃんのらくだライド。長蛇の列ができていました。
実は、今回はらくだライドに挑戦しようとはりきっていたのですが、結局あまりの長い行列に諦めました。

d0190294_0275178.jpg

大仕事を終えて、休憩中のクララちゃん。お疲れ様~~
後ろに、クララちゃんの仕事着?が掛かってますね。ちゃんとフタコブの穴があいてます。


d0190294_0292943.jpg

とっても美ラクダのクララちゃんです。
クララちゃん、また今度乗せてね~♪


d0190294_0311255.jpg

おまけ。
仲良く寄り添ってお昼寝中のぶたさん。
タプタプお腹から幸せが伝わってきます^^



皆さんも那須どうぶつ王国に行かれたら、がんばるクララちゃんの応援よろしくお願いします☆
[PR]
by chappo10 | 2010-11-08 00:34 | 那須どうぶつ王国

ミミナガ

2010年9月某日、宮崎市フェニックス自然動物園に行ってきました。

口蹄疫終息宣言が出てから間もない、これから!という動物園です。
動物たちも、飼育員さんたちも、がんばっておられました!
応援したい動物園です。


この動物園で私を魅了した動物・・・ それが「ミミナガ」!!


まず魅力的なのがこの名前、「ミミナガ」。
まるで、『千と千尋・・・』の「カオナシ」みたい。


前置きはさておき、、、ミミナガって??








d0190294_2238425.jpg

ジャ~~~ン!おれ、ミミナガ!どう?


そう、ミミナガとは、正確には「ミミナガヤギ」。
名前のとおり、耳の長い、そしてネジネジの角が特徴のパキスタンのヤギ。
d0190294_22423146.jpg

初めて会いました、ミミナガ。
それもそのはず、日本では湿度が高いため飼育が難しいといわれている とのこと。
でも、この動物園では繁殖に成功、、、かなり成功しているようです。

d0190294_22454441.jpg

ミミナガ ミミナガ


d0190294_22461525.jpg

ミミナガ ミミナガ ミミナガ・・・・


d0190294_22464722.jpg

ミミナガ ミミナガ ミミナガ ミミナガ ミミナガ・・・・ (何匹いるの??)


d0190294_22481948.jpg

飼育員さん目がけて ミミナガ ミミナガ ミミナガ ミミナガ ミミナガ・・・・ (あれ、一人こっち向いてる。)


d0190294_2249528.jpg

後ろからはポニー軍団が飼育員さんに熱い視線を。。。。
d0190294_22585126.jpg

あなたたちも可愛いよ♪



このミミナガには、来園者が100円のヤギ餌を買い与えることができます。
このたくさんのミミナガたちが、餌を持っている来園者に向かって我先にと迫ってきます。
それで私も大興奮。
「ミミナガ!ミミナガ!」と叫びながら、テンションは最高潮に達しました。
それで、ミミナガと共に興奮して、このような焦点の定まらないブレブレ写真になったのです・・・・。

これでもなんとか、ミミナガの魅力が皆さんに伝わればと思うのですが。。どうでしょう。

あまり魅力が伝わらなかった方のために、携帯で撮ったとっておきのミミナガ写真3連発で締めくくりたいと思います。

d0190294_2323213.jpg

ペロッ、ミミナガ。(お隣さんに見られてますよ。)

d0190294_2334455.jpg

寝ているの?、ミミナガ。

d0190294_234467.jpg

最後はキリッと、ミミナガ☆



皆さんもぜひ宮崎市フェニックス自然動物園に足を運んで、ミミナガの魅力を感じてみてくださいね♪
[PR]
by chappo10 | 2010-11-04 23:11 | 宮崎市フェニックス自然動物園

スカイウォーク

2010年10月某日、多摩動物公園に行ってきました。

動物たちによる左右からの度重なる誘惑(実際には誰も誘惑なんてしてません)に負けそうになりながら、何とか11時半からのオランウータン・スカイウォークに間に合いました。

d0190294_22581979.jpg

先頭を行くのはミンピー選手!
一番小さな赤ちゃんですが、さすが、見事です。


d0190294_2311227.jpg

後ろをついていくのは、お母さんかな?ゆっくり進みます。


d0190294_2325690.jpg

そしてミンピーちゃん、かっこよくポーズ☆ “This is it”にそっくり!と友達が。確かに、完全にマイケルですね。


d0190294_2362110.jpg

あらよっと!!


d0190294_2365762.jpg

二人仲良く。


d0190294_2373085.jpg

最後は爽快に空からトイレ♪


オランウータンのスカイウォーク、本当に見事でした。
見ていてハラハラドキドキしましたが、本来オランウータンは樹上生活をする動物。これが、当たり前の姿なんですね。

日本の動物園では、使い終わった消防ホースを利用して、オランウータンの快適な生活を実現させました。それをさらに発展させたのが、このスカイウォークだそうです。この消防ホースの利用が、なんと、野生のオランウータンの命を繋ぐための技術として、マレーシア・サバ州で活かされています。日本の動物園から、オランウータン担当飼育員さんたちが現地を訪れ、開発で分断された森林と森林を結ぶ吊り橋を、消防ホースで作り、実際に野生のオランウータンが渡ったそうです。そのプロジェクトに尽力された、動物園4園の飼育員4名の方々が、2010年エンリッチメント大賞を受賞されました。動物園での取組を野生動物の保全へと繋げることができたことは、動物たちを一番に愛し、努力されてきた飼育員さんたちにとって、最高の成果だったと思います。来園者としても、このような取組を是非応援していきたいと思います。
詳しくは、こちらをご覧ください→ エンリッチメント大賞2010 

皆さんもぜひ多摩動物公園オランウータンのスカイウォーク、見てみてくださいね☆
[PR]
by chappo10 | 2010-11-03 23:30 | 多摩動物公園

川崎市夢見ヶ崎動物公園

2010年10月某日、川崎市夢見ヶ崎動物公園に行ってきました。

入場無料、24時間出入自由、老若男女そして犬猫鳥たちの憩いの場です。


d0190294_17562435.jpg

ヤギさんがお立ち台でお出迎え。


d0190294_17595352.jpg

とっても可愛いロバさん。飼育員さんが、お掃除に入られたときに優しく撫でながら話しかけていらっしゃいました。


d0190294_1822637.jpg

シベリアヘラジカ(偶蹄目シカ科)。
日本の動物園では、ここ夢見ヶ崎動物園でしか見られません。姉妹で暮らしています。
現在は輸入ができなくなってしまったため、日本で見られるのはこの姉妹で最後になってしまいます。

d0190294_1863173.jpg

ここでも、飼育員さんが入念に様子をチェック。遠いですが、飼育員さんと比べてかなり大きいのがわかります。

d0190294_188543.jpg

d0190294_1891218.jpg

お顔はこんな感じ。


d0190294_18134494.jpg

d0190294_1814821.jpg

ハートマンヤマシマウマ。
ここ夢見ヶ崎が、日本の動物園のハートマンヤマシマウマ種別管理担当だそうです。
こちらで生まれたイブキちゃんというシマウマの赤ちゃんは、途中で母シマウマが育児放棄をしてしまったため、飼育員さんたちが一丸となり、初めての人工保育を献身的に行い、立派に大きくなって、今は広島県の福山市立動物園で元気に暮らしているそうです。
シマウマの2枚目の写真は、一緒に連れて行った犬を真剣に見つめているところです。私が話しかけても見向きもせず、犬を見ていました。犬は見られていることに気づいてすらいませんでした。。。


d0190294_18222394.jpg

アルダブラゾウガメ。

d0190294_18391177.jpg

マーコール。挨拶に来てくれました。日本で初めて繁殖に成功し、繁殖賞を受賞されたそうです。

小さな動物園ですが、他にもいろいろ動物がいます。
ワオキツネザル、ブラウンキツネザル、クロキツネザル、エリマキキツネザルとレムール舎が充実、飛び回って楽しそうでした。
クモザル、フサオマキザル、リスザルたちは、来園者に対して反応し来園者を喜ばせてくれます。
ペンギンは、人口くちばしで有名になったそうです。
保護されたハクビシンの赤ちゃんの人工保育、日本で唯一のフチアの飼育、びっくりするほどたくさんいるモルモットなど、まだまだ見所いっぱいです。
d0190294_19132759.jpg

d0190294_19135612.jpg


入場無料・24時間出入自由ということで、飼育員さんたちもたくさんの苦労、努力を重ねられてきたそうです。
その秘話が、「夢見ヶ崎動物公園騒動記」という本でたくさん紹介されているそうなので、読んでみようと思います。
まさに市民の動物園という感じで、動物との距離も近く、飾らない素朴な動物園でした。またあの子に会いに行かなくては!という思いにさせられるところです。

皆さんもぜひ訪れてみてください☆


*****
【本日のメモ】
コモドオオトカゲは死肉を食べるため口内に70種類以上のバクテリアがいる。そのバクテリアの中には有毒のものもあるため、コモドオオトカゲに噛まれたものは数日後に敗血症で死に至る。 (from Animal Planet)
[PR]
by chappo10 | 2010-11-03 19:00 | 川崎市夢見ヶ崎動物公園