カテゴリ:池田動物園( 1 )

2010年12月、岡山県の池田動物園に行きました。

比較的小さな動物園ですが、動物たちへの思いがちりばめられた、素敵なところです。

昨年も同じ時期に訪れたのですが、今年導入されていた新システム、それがチンパンジーなかよしToyッチャーでした!

まずは、ここの住人であるチンパンジー3人をご紹介。

最年長者ルビー。1973年生まれ。若い2人の喧嘩がエスカレートしたときには間に入って仲裁するなど、穏やかで賢い最年長者として、しっかり役割を果たしてくれているそうです。
d0190294_025198.jpg

d0190294_2334769.jpg


唯一のオス、トム。「注意!チンパンジーがおどかしてきます。」と貼紙のあるガラス窓のところに座っていて、バンッとガラスを叩いておどかしてきました。大きいですし、びっくりしましたよ~ ボスの風格です。
d0190294_23334757.jpg

d0190294_23342611.jpg


まだ女の子のレーナ。顔が肌色でまだ若い感じですね。育児放棄されたそうですが、群れになじめて良かったです。
d0190294_23362116.jpg

d0190294_23372143.jpg



そして、今回の目玉であるチンパンジーToyッチャーがこちら↓ (人の姿を隠そうとして、変なことになっていますが。。。。)
d0190294_2320785.jpg

私たち来園者が「なかよしToyッチャー」にお金(500円で3回)を入れ、クレーンを操作して下にある果物や木の実やペレット(餌)を掴み、チンパンジー側の円柱に通じる道に落とします。
チンパンジー側の透明の円柱は、二段構造になっていて、まず餌が一段目に落ちます。
それをチンパンジーたちが、円柱の側面にいくつか空いている穴に木の枝を突っ込んで、巧みに餌を一段目の床面の穴に入れ、二段目へと落とします。
さらに、二段目でもチンパンジーたちが同じように円柱の側面の穴から木の枝で餌を動かして、二段目の床面の穴に落とします。
そうすると、円柱からチンパンジーたちの部屋へと餌が落ちて入る仕組みになっています。

私も実際やってみて、とても面白かったです。
動物たちのエンリッチメントに来園者が参加できるというのがいいですね。
来園者も楽しいですし、動物にとっても、日ごとに時間や回数が違うので飽きにくいと思います。


来園者がさあ挑戦しようかなと準備をし始めると、3人の中では一番遠くにいるルビーさんがやってきて、さっさと定位置に座ります。その隣にトムくんも座っているのですが、だいたいルビーさんが上手に枝を使って餌をゲットします。レーナちゃんは、あきらめていたのか、このときは参加しませんでした。
d0190294_23423125.jpg
d0190294_23424533.jpg

最初に使っていた枝では届かない位置に餌が落ちたとき、観客は、「あれじゃあ取れないね」「どうするのかな」と口々に言っていたのですが、ルビーさんは、どこからか長い枝を取ってきて、ついている葉っぱを丁寧にむしり取り、事も無げに餌をゲットしていました。観客からは「すご~い!」と大歓声。

見ている人たちも一体となって楽しめる「チンパンジーなかよしToyッチャー」、オススメです!!


最年長者のルビーさんは、紹介版にも書いてあるように木下大サーカス出身のチンパンジーです。
チンパンジーサンクチュアリープロジェクト「ひとりぼっちのチンパンジーたち」にも書いてありますが、サーカスなどを引退したチンパンジーが他のチンパンジーとすんなり暮らしていけるとは限りません。ルビーさんは、ここ池田動物園に引き取られ、若い子の面倒を見てチンパンジーらしく生活できていることは本当に良かったなぁと思います。私も子供の頃に木下大サーカスを観に行った記憶があります。そのとき、ルビーさんが私を喜ばせてくれたのかもしれません。ルビーさんありがとう。そしてこれからも池田動物園で幸せに元気に暮らしてください。トムくんとレーナちゃんも、ルビーさんをよろしくね。

皆さんも岡山県の池田動物園に行かれたときは、是非チンパンジーなかよしToyッチャーに挑戦してみてください!
そしてルビーさんの応援もよろしくお願いします☆
[PR]
by chappo10 | 2011-01-10 22:00 | 池田動物園