カテゴリ:イベント( 4 )

1%の優しさを

2013年2月にボルネオ保全トラストジャパンのレスキューセンター建設報告会に参加しましたので、箇条書きですが聞いてきたことをまとめました。

(※追記:加工食品や化粧品、洗剤の多くに使われている“植物油脂”とは、下記に出てくる“パーム油”である場合がほとんどです。自分は“パーム油”は使っていないという人も、気付いていないだけで誰もが日常生活でお世話になっているものです。)


<坂東元旭山動物園園長>

「大事なのは動物の故郷を守ること。それをしなければ動物園は生きたコレクションでしかない。北極熊を1頭何千万円で購入することが本当に種を守ることになるのか、上野のパンダを見てどれだけの人がパンダの故郷の竹林を思うか、考えなければならない」

bctj坪内理事長が坂東園長に言った言葉「動物園は動物の命を預かっているのならば、彼らの故郷の仲間たちのために何かをすべきではないか」

「ボルネオ。見渡せる範囲に数種のサルが見える。彼らの食事量から、熱帯雨林の生物を養う力、豊かさに感動する。一方で見える範囲に動物が密集せざるを得ないほど生息地が狭められている現実にも気づく。ボルネオの熱帯雨林は美しく繊細、硝子細工のように危うい」

「セピロック・リハビリセンター。オランの孤児らを保護し野生復帰させている。当然お金が必要。観光客には「ここでリハビリして森に帰りました」じゃダメ。オランが見れないと来てくれない。餌を多く与えオランを一時その場に留める様子も。矛盾や葛藤を抱えながらやっている」

「ボルネオのオランやゾウを守る活動をしながら、一方で北海道の蝦夷鹿を年間15万頭駆除する活動にも協力している。駆除した蝦夷鹿の9割は産業廃棄物として捨てている。人間ってほんとに恐ろしい。人間が変わらないと本当にもう地球を守れないよ…。」

「日本人1人あたり10m2のパーム畑を持ってる計算。当たり前の日常が他の生物を滅ぼしている。ある意味、家の裏山よりボルネオのほうが近いかも。知らなかったでは済まされない。欲や技術が勝つようならもうダメだと思う。ありがとうの気持ちを現地に返せばきっと何かある」

「一頭の命を救うというレベルではなく、どうすれば共存できるかを考えなければならない。もう取り返しがつかなくなるぎりぎりのところまで来ている。でも地球上から人がいなくなれば問題が全て解決できるなんてことは絶対ない。未来は変えられる。諦めたらそこで終わり。」

3月完成予定のボルネオゾウレスキューセンターのパドック設計図(写真)。畑に出てきたゾウをリリースまで一時保護する施設。工事資金は寄付型自販機の手数料、サラヤとHWJのサポート資金、レスキューセンター寄付金から。
d0190294_0473935.jpg



<大成建設さん>

「ボルネオゾウレスキューセンター建設は日本の12の企業がサポート(プロボノ)。海外プロジェクトのコツは①気配り②他者への感謝③人との繋がり。他人の敷地に土足で踏み込んではダメ。お金だけでは進まない。」
d0190294_0475067.jpg



<坪内俊憲さん(SWD顧問兼BCTJ理事長)>

「サバ州野生生物保護局(SWD)は、1996年以来NO KILL POLICYを掲げ、野生生物の有害駆除を一切行っていない。当該政策のために総予算の半分を費やしている。」

「ボルネオゾウについて。2002年:アジアゾウから20万年前に分かれていたことが判明。2007年:絶滅したジャワゾウの子孫かもしれないという説が浮上。オランダの動物園に残っているジャワゾウの牙からDNAを採取して調べればわかるだろうと言われている。」

「ボルネオのパームプランテーションで働く人の賃金は1日約200円。インドネシアのほうから出稼ぎに来ている人は、地元での賃金が1日約30円なので、プランテーションでは約7倍になる。」

「先月末に発覚したボルネオゾウ大量毒殺事件。発生場所はタワウ地区森林管理第23区。この地区は40年1サイクルの伐採地。ここで伐採した木は殆どが中国に輸出され、加工後に多くの製品が日本に。15頭の死亡ゾウが発見されたが、20頭の群れ全頭が殺された可能性。」

「ネットで写真が出た死んだ母ゾウに寄り添う生後3ヶ月の赤ちゃんゾウは、死んだ母ゾウから乳を飲もうと必死で、引き離すだけでも大変だった。現地レスキューセンターの人が24時間体制で看護、やっとミルクを飲むように。看護の人は日雇いでお金もあまり貰えない。」

「死亡ゾウの写真公開を決断したのはSWD局長。SWDに批難が集中するのはわかっていた。一日中世界中から電話が鳴り止まなかった。それでも何かが変わるかもと思い公開。今も200頭のゾウが畑に入り1頭1ヶ月1千㌶食い潰している。批難だけでは問題解決にならない」

「スマトラサイは残り15頭、絶滅まで10年。ボルネオゾウは残り1500頭。オランウータンは20グループに分かれた1100人。大人雄が1人しかいないグループもある→命は繋がれない。もう時間がない。消防ホースの吊り橋などでとにかく森を繋がないと。」

「パーム油関連製品の年間輸出額は約1.2兆円。消費者が1%の優しさを持ってくれれば、1年120億円で動物たちの命を助けられる。未来の人たちに選択肢を残すことができる。物を買うとき、奪っている命に想いを馳せてほしい。」


*******************************

最後に私がこれまでに出会ったボルネオオランウータンとボルネオゾウの写真を載せておきます。
自分自身の安くて便利な生活のために、彼らの仲間たちを絶滅させてしまうことは絶対に避けたい、避けるべく行動していかないといけないと強く思います。そうしなければ、私は彼らが命を持って教えてくれていることを無駄にしてしまうことになります。

d0190294_04973.jpg
d0190294_23512319.jpg
d0190294_23513038.jpg
d0190294_23513647.jpg
d0190294_23514416.jpg
d0190294_23515113.jpg
d0190294_2352079.jpg
d0190294_2352722.jpg
d0190294_2352157.jpg
d0190294_23522298.jpg
d0190294_2352305.jpg
d0190294_23524015.jpg
d0190294_23524871.jpg
d0190294_23525767.jpg
d0190294_2353785.jpg
d0190294_23531439.jpg
d0190294_23532374.jpg
d0190294_23533341.jpg
d0190294_23534218.jpg
d0190294_003810.jpg
d0190294_004779.jpg
d0190294_23541292.jpg

[PR]
by chappo10 | 2013-02-25 23:56 | イベント

2010年11月13日(土)

SAGA13の1日目シンポジウム2と3は英語での発表でした。


<シンポジウム2>
Ecology, behavior, and conservation of Giraffe by京都大学霊長類研究所Fred B. Bercovitchさん

キリンの生息地、生態などのお話。
発表が英語だったのと内容自体が専門的だったため、ちゃんとした感想がかけないので、興味のある方はSAGA13の当日の記録をご覧ください。

1つ印象に残ったことというか、私が知らなかったために興味深かったのが、キリンはInfrasound(人間の耳には聞こえない周波数の音)を使って遠くにいる仲間ともコミュニケーションをとって生活しているという話でした。ただ、キリンがInfrasoundを出していてもゾウのようにお腹が震えたりすることもなく、どのようなときに誰がその音を出すのかなどまだまだ解明されていないことがたくさんあるということでした。

「解明されていない」というフレーズは、この発表を通して何度も出てきたので、それだけキリンは神秘的な奥深い動物なのだなぁと、ますますキリンに興味が沸き好きになりました。

ちなみに、蛇足ですが、Bercovitchさんがキリンの絵が描かれたネクタイを着けていらっしゃるのを友達が鋭く(?)見つけました。研究者というと小難しくて堅いイメージがありますが(私だけ?)、やっぱりキリン大好きさんなんだなぁと妙に嬉しくなりました^^


<シンポジウム3>
The Present Status and Conservation of the Asian Elephant by Jayantha Jayewardeneさん

お昼を挟んで午後からは、Biodiversity & Elephant Conservation Trust(生物多様性ゾウ保全トラスト)(BECT)というスリランカのNGOでゾウの管理、保全、教育支援活動などをされているジャヤンタさんによるアジアに生息するゾウに関する発表でした。

こちらも興味のある方はSAGA13の当日の記録をご覧いただきたいのですが、、、スライドを使って写真も多用されていたこの発表は比較的わかりやすかったです。

アジア各国に生息するゾウの特徴、生息数、現状などをわかりやすく説明してくださいました。
アジアゾウと一言で言っても、スリランカ、タイ、ベトナム、カンボジア、ラオス、インドネシア、インド、中国など多くの国に分布しており、それぞれでゾウを取り巻く環境も違っています。
特に目立ったのはやはり、戦争や内戦で生息地を追われ数が激減してしまったという現実。また、密猟者によって殺されるゾウたち、そして人間がもたらした環境破壊によってゾウたちが人間の住む場所に出没するようになることで起こっている人間とゾウとの対立。
現地で辛く恐ろしい思いをしているのは、ゾウたちであり、そこに住む人々もまた然り。ゾウも人間も厳しい局面に立たされているのが現状です。

印象的だったのは、スリランカでの話だったと思うのですが、「Mahout」について。Mahoutとは、ゾウの言葉を操る人(ゾウ使い)のことで、この職業(地位)は世襲制だそうです。このMahout、かつては地位がとても高かった。なぜかというと、ゾウは当時の人々にとって、自動車であり、戦車であり、万能の生き物だったから。しかし、今日では、文明社会となりゾウの用途も無くなり、Mahoutたちの地位もとても低いところまで落ちてしまっている。そして、「野良ゾウ」という問題が起こっているということでした。
日本ではありえない話ですが、スリランカでは現実の深刻な問題。かつて人間がとてもお世話になり苦楽を共にしてきたであろう動物が、そのような扱いになってしまうことは哀しいことですね。でもこれは、私たちに関係ない話ではないですよね。スリランカの人たちが生活にゾウを使わなくなった背景に日本も必ず関係してきていると思います。
また、アジア全体のゾウたちの生息地を破壊していっているのも、もちろん私たちです。考えなければならないことが山積みです。

発表の後に、日本の動物園でゾウの飼育員をされている方が質問をされました。「私たち日本人がスリランカ(の人たちとゾウたち)のためにできることは何ですか。」
ジャヤンタさんの答えは、「問題を知ることと資金援助」でした。
ジャヤンタさんのNGOでは寄付金も募っています。集められた寄付金を、ゾウの保全・管理はもちろんのこと、スリランカ僻地での学校教育プログラムやゾウに親を殺された孤児の教育支援にも充てているそうです。



2つの発表は英語だったのでこちらの力不足が残念でしたが、それでもとても貴重な発表を聞かせていただき、大変ありがたかったです。

質疑応答の時には、日本の動物園のキリン飼育担当の方、ゾウ飼育担当の方がそれぞれ質問なさっていて、国境を越えて大切な動物たちへの思いを共有し、動物たちのためにできることについて真剣に意見交換がなされる場となっていたのが、完全に素人の私ですが見ていて感動しました。



イベントから1ヶ月以上経って、やっと書き上げたのですが、、、、まだ半分にも至っていない。。
この1ヶ月の間に行った動物園その他のことも書かないといけないのに・・・。
早速の筆不精ぶりですが、今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m


写真はキリンの仲間オカピです。中央アフリカ、コンゴ民主共和国に生息しています。
d0190294_23542446.jpg


d0190294_23551340.jpg


d0190294_23575177.jpg

アジアでもアフリカでも、私たち人間がもの凄いスピードで動物たちの生活を脅かし絶滅へと追いやっている、、、この現実を直視し問題意識を持って行動していかなければいけませんね。

(3枚ともズーラシアで撮影。)

ズーラシアのオカピさん、人に興味があるのか、ギャラリーがたくさんいても臆することなくかなり近くまで来てくれました。美しく神秘的。ズーラシアの奥のほうにいるので、閉園までに間に合うように是非見に行ってください☆
[PR]
by chappo10 | 2010-12-16 22:30 | イベント

2011年11月13日(土)

SAGA13の1日目は麻布大学で開催されました。

SAGA13プログラムを見ていただくとわかりますが、
学長挨拶
増井光子先生追悼
の後、お二方の研究者による発表、お昼をはさんで、もうお一方の発表がありました。
詳しい発表内容については、後日SAGAのHPで「要旨集」が公開されると思うので、ここでは素人の私の目線で強く印象に残ったことだけを書き残したいと思います。


<シンポジウム1>
最初の発表(シンポジウム1)は、岡山県玉野市の出崎半島に位置する林原類人猿研究センター(通称GARI)から平田聡さんによる「大型類人猿とは何か」

まず最初におっしゃったことが、ヒトとヒト以外の類人猿は同じ線上にある仲間の生き物であるということ。ヒトがチンパンジーやゴリラから進化したのではなく、同じ祖先を持って同じ線上で分岐した仲間であるということでした。
そして、チンパンジー、ボノボ、ゴリラ、オランウータンのそれぞれの生態について簡単な説明があり、下記の発表が始まりました。

発表内容は大きく分けて2つ。
①研究からわかったチンパンジーの生態
②コンゴ民主共和国ワンバ村でのボノボの保護活動

①では、チンパンジーの自己認識について、チンパンジーの頭に小さなシールを数枚貼って、チンパンジーが鏡を見て自分でそのシールをはがすという実験を映像で紹介されました。
鏡を見てそこに映っているのが自分であると認識できる、つまり自己認識ができるかどうか。類人猿(ape)にはできるがサル(monkey)にはできないそうです。
こうして文字で「実験」と書くと、なんだか冷たいような印象がありますが、実際に映像で見てみると、とても楽しく笑ってしまうようなほのぼのとした環境で行われています。平田さんの言葉の端々からも感じられるし、映像でもよくわかりましたが、研究センターに暮らすチンパンジーたちに対して、センターの方たちは本当の家族のように大切に大切に接していらっしゃいます。
(チンパンジー研究者の方たちの間では当たり前のことかもしれませんが、「~匹」「~頭」ではなく、「~人」とおっしゃっていました。難しい話をしている中、途中で「うちの●●ちゃん」とチンパンジーを紹介されるので、私はいちいちそこに皆さんの深い愛情を感じて嬉しくなってしまいました。)
もうひとつ、私が印象に残ったのは「協力」という行動をチンパンジーはとることができるのかという実験。二人で協力しないと動かせない重い石の下に食べ物があるというシチュエーションです。チンパンジーが人間を「協力」に誘い、見事食べ物を食べられた後、嬉しくなって、一緒に石を動かしてくれた人に抱きついていたのがとても可愛かったです^^  可愛いということを見せるのが目的の映像ではなかったのですが、やっぱり可愛かったです。
他に、チンパンジーの子育てについてのお話もありました。チンパンジーは子育てをするために、それまでの学習や適切な経験が必要であるため、飼育下でそれが難しいが故に育児拒否が起こりうる、その割合は50%。人工保育後の群れ入りの難しさを、実際にセンターで現在進行中の群れ入りの試みを通して発表されました。詳しくは「ちんぱんじーのえにっき」で紹介されています。チンパンジーを群れで飼育することの重要性を強く感じました。

②では、平田さんがワンバ村でボノボの現地調査・保護活動をされた時の話でした。
内戦や自然破壊でボノボの数が減少しているコンゴ民主共和国。現地で行われているボノボの保護活動の状況を、映像を交えて紹介されました。実際に起きたボノボをめぐる悲惨な事件も紹介されました。ボノボを守るためにはワンバ村で暮らす現地の人々をサポートし理解を得ることが大切だと。
最後に、「これは日本から遠く離れた国で起こっていることで、日本に住む私たちには関係ないと思われるかもしれません。でも、地球上に住む人間が皆、日本人と同じ暮らしをしたら、地球が2.3個分必要と言われています。そのことを考えると、ワンバ村で起こっていることは決して他人事ではないのです。」という趣旨の言葉を述べられました。これはとても重い言葉だと感じました。

ここまでで結構長くなってしまったので、シンポジウム2と3は次の記事で書きたいと思います。
2と3は短くなると思います。なぜなら、発表が英語だったので、理解できた割合がかなり少ないから・・・・・・。

文章だけでは寂しいので最後に写真を1枚だけ。
SAGA13の2日目が開催されたズーラシアで撮影した写真です。

d0190294_115348.jpg

アカカワイノシシです。
今回の話と全く関係ないと思われるかもしれませんが、実はチンパンジーと同じアフリカが故郷の動物です。
ズーラシアでは展示が生息地ごとに分かれていてとてもわかりやすくなっています。
このアカカワイノシシは、「アフリカの熱帯雨林」エリアで、チンパンジーの森のお隣にいます。今は赤ちゃんもいて、来園者から大人気です。
是非みなさんもズーラシアでアフリカの熱帯雨林を体験してみてください♪
[PR]
by chappo10 | 2010-11-21 01:20 | イベント

SAGA13

2010年11月13日と14日の両日、SAGA13(アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い)に参加しました。

13日は麻布大学で、14日はズーラシアで開催されました。

大型類人猿(ゴリラ、オランウータン、チンパンジー、ボノボ)はもちろんのこと、全ての生き物を対象として、さまざまな活動や研究を通し、これから私たち人間がどのように共存していくべきなのかを考える集いです(すごい簡単にまとめてしまいました・・)。

詳しくはSAGAのHPから
SAGAとは
提言および提言者
をご覧ください。

提言者の中に、今年7月に亡くなられたズーラシアの園長であり麻布大学の教授であった増井光子さんも入っておられます。
悲しみを乗り越え、増井先生の遺志を継いで、今回のSAGA13が開催されました。

SAGAは、まったくの一般人でも無料で参加できる貴重な集いです。
私も完全な素人ですが、参加させていただき、とても専門的な話も多く難しいものもありましたが、それでも、本当に参加できて良かったと、感動覚めやらぬ思いです。一般の人こそ、このような集いに積極的に参加し、自分たちが生きる地球、共に生きる他の動物たちについて、立ち止まって考えてみるきっかけになれば、長い目で見て、この世界が良い方向へと変わっていけるのかもしれません。そして参加させていただいたからには、その志を持って、これから自分に何ができるか考えていかなければならないと思っています。

詳しい内容については、後日ご報告できればと思います。。。

ズーラシアで撮った写真を少し。

d0190294_010205.jpg

セスジキノボリカンガルー

d0190294_0105485.jpg

オランウータン(ロビン) ☆Great Ape☆

d0190294_0113944.jpg

チンパンジー ☆Great Ape☆


13日の集いの最後に、SAGAの提言者であり世話人である京大霊長類研究所長松沢哲郎氏が、
「SAGAは“Support for African / Asian Great Apes”の略ですが、今では“Support for All Great Animals”だと思っています。」
というようなことをおっしゃられたのがとても印象的でした。

取り急ぎ報告まで。。。
[PR]
by chappo10 | 2010-11-15 00:16 | イベント