1歳の誕生日おめでとう!!!!

今日2012年12月21日は、京都市動物園のゴリラのゲンタロウくんの1歳の誕生日です。

1年前の今日、私はどういうわけか高熱が出て寝込んでいました。
とべ動物園に行く予定が寝込んで行けなくなり、落ち込んでふて寝していたところに飛び込んできた、ゲンキさん出産のニュースに、涙が出るほど喜びました。
嬉しくてiphoneで検索しまくり、ゲンキさんやモモタロウ、そして生まれたばかりのゲンタロウくんの写真や記事を片っぱしから見ていたのを覚えています。

さて、そんなゲンタロウくんに会えたのは2012年7月、京都市動物園を訪れたときでした。
この時はまだ、1日1時間だけ、飼育員さんとゲンタロウくんが屋内放飼場で遊ぶ姿が公開されていました。

何度もテレビなどで紹介されているように、ゲンキさんはゲンタロウくんにしっかりと愛情を注ぎ大事に大事に育てていましたが、残念なことにゲンキさんの母乳が十分に出ていないことがわかり、ゲンタロウくんの命を救うため、断腸の思いでスタッフの方々が、ゲンキさんからゲンタロウくんを預かり、そして人工保育の日々が始まりました。

ゴリラ舎には、ゲンキさんからゲンタロウくんを引き離すときのゲンキさんの悲痛な叫びが今でも耳から離れず、1日も早くゲンキさんにゲンタロウくんを戻してあげたい という内容の飼育員さんによるメッセージが書かれていたのが印象的でした。

前置きはこのくらいにして、7月に会ったゲンタロウくんの写真を載せたいと思います。
たくさん撮ったのですが私のカメラと技術で、ぎりぎりゲンタロウくんだとわかる写真が4枚しかありませんでした。。。

ゲンタロウくん、はじめまして!
d0190294_0257100.jpg


飼育員さんの愛の手が小さなゲンタロウくんを支えます。
d0190294_0271630.jpg


見上げるゲンタロウくんのクリクリお目目
d0190294_027402.jpg


飼育員さんとお話ししています。飼育員さんのお話を一生懸命聴いているのかな。
d0190294_030364.jpg


その頃、母ゲンキさんと父モモタロウは・・・

あ!ゲンキさんだ!緑の中でいいねぇ。そして女性ゴリラのこの体型が私は大好きです!so cute!
d0190294_0334740.jpg


ゲンキさん、はじめまして!会いたかったです!!!目が大きくて美人ですねぇ。
d0190294_035475.jpg


あ!モモタロウくん発見!なんか食べてる!
d0190294_0355197.jpg


見たかったこのシルバーバック!かっこよすぎる。これはゴリラ女子のみならずたいていの類人猿女子なら惚れるんじゃないだろうか。
d0190294_0522955.jpg
d0190294_0524150.jpg


そんなモモタロウくんが惚れているのはもちろんゲンキさん。草木の間からゲンキさんを見つめるモモタロウなのです。
d0190294_0532796.jpg


あれ!?モモタロウくん、何を悩んでいるの???
d0190294_0542399.jpg


あ~ ゲンキさんの隣で寝たかったのね。よく見たら、手前にゲンキさんの可愛い足が。
d0190294_0552319.jpg


ゲンキさんの隣で寝られて満足したのか、この寝ぞうのモモタロウくんなのでした^^
d0190294_056869.jpg


ゲンキさんは、京都市動物園から、1997年に上野ゴリラの森にやってきて、同年にイギリスからやってきた男性ゴリラ、ビジュに恋をして仲良くなりました。しかし、1999年に上野に来たスペインの情熱女子(?)モモコとビジュが仲良くなり、ゲンキは失恋をしてしまいます。
恋に破れたゲンキさんは、激やせし、自傷行為までしてしまうようになり、母ヒロミさんの待つ京都市動物園に帰ることになりました。ゲンキさんはビジュと別れ、ビジュへの思いを胸に残していたと思いますが、その頃、ビジュは急死してしまいます。ビジュの死を知らないまま、ゲンキさんは京都へと帰りました。
そして、その後京都には円山動物園からゴンさんがやってきて、3人で仲良く暮らしていた時期もありましたが、ヒロミさんとゴンさんに先立たれ、ゲンキさんは独り暮らしに。
そこへ現れた白馬(じゃなくてたぶんトラック)に乗った王子!!!それは、昔恋をしたイギリス紳士、ビジュのことを思い出させる、、、そう、ビジュは亡くなる前にモモコのお腹にプレゼントを残していたのです、それは時が経ち、ゲンキさんへのプレゼントにもなりました。それが、ゲンキさんの夫、そして今ではゲンタロウくんのお父さんとなったモモタロウだったのです~!!!(パチパチパチ)
モモタロウくんは、京都に来て、ゲンキさんと対面し、枝をプレゼントするという紳士ぶりを見せたという話も聞きました。ステキな優しさですね。

ゴリラの皆さんの1人1人の歴史は様々です。1人1人がそれぞれの過去を持って、今を生きています。
ゲンキさんもモモタロウくんも今までいろんなことがあったと思います。
2人にゲンタロウくんが生まれたこと、ゲンタロウくんが飼育員さんの手に託されたこと、そして今、ゲンキさんの腕の中にゲンタロウくんが戻り、モモタロウも無事に合流できたこと、3人でゲンタロウくんの1歳の誕生日を迎えられたこと、明日は誕生日会が開催されること、、、この1年のこれらの出来事は、辛いこともあったけど今の幸せに結びついて本当に良かったと心から思います。
ゲンタロウくんがゴリラになれたこと、ゴリラのお父さんとお母さんと一緒に暮らせること、これは、京都のスタッフの方々、ゲンキさん、モモタロウ、ゲンタロウくん、みんなの努力と絆があって、さらに京都のファンの方々が温かく見守り応援し続けてくださったからこそ、実現できたのだと思います。感謝したいです。

なにはともあれ、ゲンタロウくん、1歳の誕生日おめでとう!!!
ゲンキさんとモモタロウくんもおめでとう!!!
明日は楽しい誕生日会となりますように。

(追伸:1人1人のゴリラさんの歴史は、GAINで見ることができます。各施設の過去飼育個体をクリックすれば結構昔のゴリラさんたちもわかります。チンパンジー、オランウータン、テナガザルも同じくです。)
[PR]
by chappo10 | 2012-12-21 23:50 | 京都市動物園